ホーム企業情報 / 経営方針 / コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンスの取り組みについて

コンプライアンス運用マニュアル

公益通報者保護法の施行を機に、組織としての社会的責任を果たすとともに、当協会に従事する役職員等の法的安全を確保するための「コンプライアンス運用マニュアル」を策定し、施行しています。
「コンプライアンス運用マニュアル」では、コンプライアンスの取り組みの統制方針、体制、手順等を定めるとともに、組織としてまた職務上「かくあるべし/かくあるべからず」の7原則を「コンプライアンス行動指針」として定めています。また、役職員等からの相談・通報に適切に対応するための仕組みとして「コンプライアンス・ヘルプライン」を整備し、運用しています。

コンプライアンス行動指針
  1. 企業倫理と法令を遵守し、公正かつ自由な競争を実践します
  2. 不正競争行為を行いません
  3. 公正で適正な購買活動を実践します
  4. インサイダー取引をしません
  5. 反社会的行為を排除します
  6. 人権を尊重し職場環境を向上します
  7. 知的財産を尊重し、個人情報を保護します
コンプライアンス推進体制
compliance-figure01.png
コンプライアンス推進体制
20140403 compliance.png

コンプライアンス行動指針

1.企業倫理と法令を遵守し、公正かつ自由な競争を実践します

(1)私たちは、気象業務法等の関係法令や品質・環境マネジメントシステム等の社内ルールを遵守し、業務における不正・虚偽報告や、良識に反する個人の行為・行動等、企業倫理上問題となる行為をしません。

(2)私たちは、独占禁止法や各国の競争法を遵守し、カルテルや談合など不当な取引制限に関わる行為をしません。また、不当廉売や再販売価格の拘束、優越的な立場を利用した取引条件の一方的な変更等の不公正な取引方法に関わる行為をしません。

(3)私たちは、下請法を遵守し、受領拒否・支払遅延・買いたたき・購入強制や利用強制等に関わる行為をしません。

(4)私たちは、景品表示法を遵守し、広報・広告等は実質的・客観的な根拠に基づいて表示して、虚偽もしくは誇大な広告となる行為をしません。また、過大景品付販売や欺瞞的な販売方法に関わる行為をしません。

2.不正競争行為を行いません

(1)私たちは、協会の技術上や営業上の機密事項(企業秘密)の漏洩が多大な損失をもたらすことを認識し、企業秘密を社内ルールに従って管理・保護するとともに、これを他に漏らし、開示し、または無断で使用しません。

(2)私たちは、不正競争防止法を遵守し、 第三者の企業秘密を不正な手段により取得しません。また、第三者によって不正な手段で取得・開示されたことを知りながら利用しません。

(3)私たちは、協会のサービスの表示に第三者の商品等の表示と同一または類似のものを使用しません。また、第三者の商品の形態を模倣しません。

(4)私たちは、競争相手の営業上の信用を害する虚偽の情報を流布しません。

3.公正で適正な購買活動を実践します

(1)私たちは、国内外の購買取引に関連する法令等を遵守し、企業倫理上問題となる行為をしません。

(2)私たちは、取引先および新規取引希望先からは、社会通念や商習慣の範囲を超える贈答や接待等を受けません。

(3)私たちは、取引上の優越的な立場を利用した不当な強要などに関わる行為をしません。

4.インサイダー取引をしません

(1)私たちは、取引先および関連企業の株価に重大な影響を与えるような情報に接しやすい立場を利用したり、業務の過程やその結果として知り得た情報(インサイダー情報)を利用したりして、情報の公表前に株式等の売買(インサイダー取引)に関わる行為をしません。

(2)私たちは、インサイダー情報を、業務上関係のない協会の役員・職員ならびに第三者(顧客、家族、友人等)に提供しません。

5.反社会的行為を排除します

(1)私たちは、社会秩序の維持への協力に努め、反社会的な行為に関わりません。

(2)私たちは、反社会的勢力や団体の活動を助長するような行為をしません。

6.人権を尊重し職場環境を向上します

(1)私たちは、基本的人権と個人の尊厳を尊重し、いやがらせ、侮蔑、言葉による虐待などの行為をしません。

(2)私たちは、国籍、人種、民族、肌の色、性別、年齢、宗教、信条、社会的身分、家柄、財産、心身における障害の有無などによる、差別となる行為をしません。

(3)私たちは、児童労働および強制労働に一切関わらず、また、認めません。

(4)私たちは、職務上の優位的立場を利用したいやがらせ、侮蔑、言葉による虐待等、パワーハラスメントとなる行為をしません。

(5)私たちは、相手および周囲の意に反した性に関する言動等、セクシュアルハラスメントとなる行為をしません。

(6)私たちは、妊娠・出産したことを理由として、相手の意に反する言動により不快感を与える等、マタニティハラスメントとなる行為をしません。

(7)私たちは、協会や個人に対する誹謗・中傷をせず、また、誤解を与えるような言動をしません。

(8)私たちは、協会の各種財産(情報、製品、備品、機器、消耗品、知的財産、ブランド等の有形・無形の資産)について、所定の社内ルールに従い適正に管理するとともに、在職中はもちろん退職後も不正・不当に使用しません。

7.知的財産を尊重し、個人情報を保護します

(1)私たちは、著作権法、特許法、実用新案法、意匠法、商標法を遵守し、新技術・新サービス・新ビジネスモデル等の研究、開発にあたっては、第三者の知的財産権を尊重し、故意に侵害しません。

(2)私たちは、個人情報保護法や個人情報保護マニュアル等の社内ルールを遵守し、お客様、お取引先、職員などから承諾を得て入手した個人情報は内容の改ざんや漏洩がないように厳重に管理し、入手する際に明示した利用目的以外に利用しません。

研究活動における不正行為についての告発・相談窓口

当協会では、「研究活動における不正行為への対応マニュアル」に基づき、当協会が実施する研究活動における不正行為についての告発や相談を、下記コンプライアンス窓口が、専用電子メール、郵送、FAXで受け付けています。
連絡先

一般財団法人日本気象協会管理本部管理部コンプライアンス主幹 宛
住所:〒170-6055 東京都豊島区東池袋3-1-1
Eメール:kenkyu.fusei_kanri@jwa.or.jp
FAX:03-5958-8113(管理本部管理部共用)

留意事項

・告発は、不正行為を行ったとする研究者・グループ、不正行為の態様等事案の内容をできるだけ具体的に示してください。

・郵送の場合は、「コンプライアンス窓口親展」を明記してください。

・FAXの場合は、窓口以外の目に触れる可能性が高いことを前提にしてください。