ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2014年 / 2014年春の花粉飛散予測(第4報) ~九州地方はスギ花粉のピークに突入 四国から関東も増加中~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2014.02.24

2014年春の花粉飛散予測(第4報) ~九州地方はスギ花粉のピークに突入 四国から関東も増加中~

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)は、2014年2月24日(月)に全国・都道府県別の2014年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第4報)を発表します。また、詳細な情報を、「2014年春の花粉総飛散数 予測資料」として販売します。

第4報では、8都市のスギ・ヒノキ花粉のピーク時期と北海道のシラカバ花粉の飛散開始時期を予測しました。また、最新の長期予報や花芽調査などに基づいて、前回予測(第3報 2014年1月15日発表)を一部修正しました。これらの予測は、今後の気温予測や花芽調査などのデータを基に内容を更新することがあります。

 携帯公式サイト気象協会晴曇雨(http://n-tenki.jp/sp/)では、市区町村別に今の花粉飛散状況がわかる花粉情報(http://n-tenki.jp/sp/kafun/)を展開しています。今春の花粉対策に向けて、お役立てください。

1. 全国予測の概況

(1)花粉飛散の経過とピーク予想 –例年よりも早く飛散開始 九州地方はスギ花粉のピークに突入-

 1月下旬から2月のはじめに、九州から関東地方の多くの所で花粉シーズンに入りました。東京都心も、日本気象協会の観測で2月3日にスギ花粉の飛散開始を確認しています。この時期は、西日本を中心に最高気温が20度くらいまで上がり、東京都心も最高気温が平年を上回る日が数日続きました。このため、例年よりも早い飛散開始となったと考えられます。しかし、その後は寒気の影響で気温が低く、2月8日や14~15日は南岸低気圧により太平洋側で大雪になったことなどから、花粉シーズン入りした地域も花粉の飛散数は少ない状態が続きました。一方、九州地方はすでに非常に多くの花粉が飛散し、スギ花粉のピークの時期を迎えています。
 今週(2月24日~3月2日)は気温が平年並みか高い日が多く、四国から関東地方はスギ花粉の飛散数が増加し、北陸や東北地方の一部も飛散開始となるでしょう。
 スギ・ヒノキ花粉のピーク時期は気温や予測される総飛散数と関係があると考えられます。3月の気温は全国的に平年並みか低い予想ですが、ピーク時期を遅らせるほどではない見込みです。このため、スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は例年並みでしょう。スギ花粉のピークは、福岡は2月下旬から3月上旬、高松と広島、大阪、名古屋、東京は3月上旬から中旬の見込みです。金沢や仙台は3月中旬からピークを迎えるでしょう。スギ花粉のピークが終わった後は、各地でヒノキ花粉がピークを迎える見込みです。金沢や仙台は4月にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散数が比較的少なく、はっきりとしたピークはないでしょう。
 4月の気温は平年並みと予想され、北海道のシラカバ花粉は例年並みの5月上旬に飛散が始まるでしょう。

スギ・ヒノキ花粉ピーク予想【西日本】.jpg
    
スギ・ヒノキ花粉ピーク予想【東日本】.jpg

2014年春のスギ・ヒノキ花粉ピーク予測(上:西日本、下:北・東日本)

 一般的に花粉が飛びやすい気象条件は、「気温が高く、風が強く、湿度が低い」ことです。特に春一番が吹くような日は非常に多くの花粉が飛散する恐れがあるので、注意が必要です。日々の気象情報を確認して花粉対策にお役立てください。

スギ花粉前線.png
2014年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図


 携帯公式サイト気象協会晴曇雨(http://n-tenki.jp/sp/)では、市区町村別に今の花粉飛散状況がわかる花粉情報(http://n-tenki.jp/sp/kafun/)を展開しています。1月下旬から2月のはじめに、九州から関東地方の多くの所で花粉シーズンに入りました。福岡市では非常に多い花粉が観測されています。東京都中央区では花粉飛散数が増加しています。

花粉情報福岡市(2月24日7時時点の情報).PNG 東京都中央区の日別飛散状況.PNG

左:福岡市の飛散予測と時間別飛散状況、右:東京都中央区の日別飛散状況

※掲載情報は24日7時時点の情報です。最新情報は気象協会晴曇雨(http://n-tenki.jp/sp/kafun/)よりご確認ください。

(2)飛散数予測 –西日本や北海道は 例年並みかやや多い飛散に-
 2014年春のスギ及びヒノキ花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数は、九州から近畿地方のほとんどの地域と北海道は例年並みかやや多く、東海から東北地方は例年より少ない見込みです。花粉の飛散数が多かった前年(2013年)に比べると、九州から東北地方は少なく、とくに本州の日本海側と関東甲信地方は非常に少ないでしょう。北海道は前年の飛散数が少なかったため、前年より多くなる見込みです。
 花粉の飛散数は前年の夏の気象条件が大きく影響し、一般に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数は多くなります。2013年の夏は、太平洋側の地域で高温・多照・少雨といった花芽が多く形成される条件が揃いました。
 しかし、花粉の飛散数の多い年と少ない年は交互に現れる傾向があります。前年(2013年)は、中国地方から関東にかけては例年の2倍前後の大量飛散となりました。2014年は大量飛散の翌年にあたります。このため、気象条件が揃った地域でも、花芽調査で例年より花芽が少ない所が確認されました。これらのことから、花粉の飛散数は前年に比べると少なくなる地域がほとんどで、花芽の多く形成される気象条件が揃った地域でも花粉の飛散数が例年より少ない所があるでしょう。

例年比④.jpg
2014年春の花粉飛散数予測 (例年比)

前年比④.jpg
2014年春の花粉飛散数予測 (前年比)


地域概況はこちら.pdf

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。