ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2014年 / 【夏休み最後の参加体験型イベント開催のお知らせ】

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2014.08.18

【夏休み最後の参加体験型イベント開催のお知らせ】

 これまで、日本気象協会が推進する熱中症ゼロへプロジェクトは、お台場アクアシティでのキックオフイベントを主催したほか、後援自治体との共同イベント出展やポスターやうちわの配布など、全国各地で熱中症予防を呼びかけてきました(7月のイベント開催報告)。
 熱中症に対する予防意識は年々高まっていますが、例年、熱中症による救急搬送者数は暑さの残る9月まで絶えることがありません。そこで、日本気象協会は、継続的な熱中症予防を呼びかけるために、ご来場いただく皆様に興味を持って頂けるよう、夏休み最後の参加体験型イベントを開催します。
 イベントでは、熱中症の発症と夏の気象条件は密接な関わりがあることから、気象予報士が気になる残暑の傾向など、夏のお天気について解りやすく解説します。また、会場のメインステージでは、氷の橋を設置し、皆様に裸足で渡っていただき、残暑の夏バテ防止を祈願する、「火渡り」ならぬ「氷渡り(ひわたり)」を実施するなど、盛りだくさんの内容です。皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

1.イベント概要
【イベント詳細はこちらをご確認ください → 氷渡り祈願で、ヒンヤリしまSHOW.pdf
□タイトル :熱中症ゼロへpresents 暑さいつまで!?氷渡り祈願で、ヒンヤリしまSHOW
□日時 :2014年8月28日(木)11:00~18:00 (雨天時は13:00~18:00)
□場所 :有楽町駅前広場(雨天時は有楽町駅前地下広場)
□主催 :一般財団法人日本気象協会/有楽町駅周辺地区道路環境整備協議会
□内容 
〇ステージイベント
・無事に渡ると願いが叶う!? 氷の橋を渡って氷渡り祈願
・気象予報士が夏の暑さを生解説。疑問・質問に答えます!
・熱ゼロ博士・助手による夏休み明けも危険な熱中症に関するトークショー
*ステージイベント開催時刻
 ①11:30   ②13:30   ③15:30   ④17:00

〇ブース内企画
・気象予報士体験コーナー、夏休みの自由研究かけこみ企画
・熱中症予防グッズが当たる、熱ゼロクイズコーナー

*都合によりイベント内容が変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

□出演
 河島未怜 気象予報士・日本気象協会所属
 吉田直人 気象予報士・日本気象協会所属
 谷口聡一(熱ゼロ博士)気象予報士・日本気象協会所属 他
 ※会場には、多数の気象予報士がおりますのでお天気に関する質問をお気軽にお寄せください。

氷渡り.jpg 自由研究.jpg
  ※画像はイメージです

                                                                          

                                                                                     

 

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。