ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2014年 / 日本気象協会とアイリスオーヤマが共同開発 『肌ナビ』機能を搭載した強力ハイブリッド加湿器発売

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2014.10.30

日本気象協会とアイリスオーヤマが共同開発 『肌ナビ』機能を搭載した強力ハイブリッド加湿器発売

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)が生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)と共同開発した『肌ナビ』機能を搭載した加湿器が10月下旬にアイリスオーヤマより発売されました。
 『肌ナビ』は、室内の温度や湿度を計測し、肌に与える影響をお知らせする機能です。日本気象協会が設定する「素肌乾燥指数」を基に肌への影響を「適正」「カサカサやや注意」「カサカサ注意」の3段階で表示します。
 日本気象協会は、他企業とのコラボレーションを通して、気象情報の新たな価値を生み出してまいります。

*「素肌乾燥指数」とは
日本気象協会が独自のアルゴリズムで算出した、空気の乾燥が肌に与える影響度を指数で示した情報です。 

アイリスオーヤマ 肌ナビ搭載強力ハイブリッド加湿器.png
【写真提供:アイリスオーヤマ株式会社】

●商品の詳細は、アイリスオーヤマ株式会社のニュースリリースをご覧ください。

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。