ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2014年 / tenki.jpの新コンテンツ『豪雨レーダー』提供開始~高解像度降水ナウキャストを利用した雨雲の動き~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2014.11.12

tenki.jpの新コンテンツ『豪雨レーダー』提供開始~高解像度降水ナウキャストを利用した雨雲の動き~

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp」は、気象庁の高解像度降水ナウキャストを利用した新コンテンツ『豪雨レーダー』を2014年11月12日(水)に公開しました。

 

■新コンテンツ『豪雨レーダー』と従来コンテンツ「雨雲の動き」の活用法
 気象庁の高解像度降水ナウキャストは、250m解像度の降水の短時間予報で、局地的な豪雨をより詳細に把握することができます。『豪雨レーダー』はこの高解像度降水ナウキャストを利用し、60分後までの雨雲の状況を10分単位で確認できるコンテンツです。
 一方で、従来コンテンツとして「雨雲の動き」を公開し、6時間先までの降水の予想を1時間毎にお届けしてきました。今回、新しく『豪雨レーダー』を公開することで、“直近の情報を詳細に知りたいユーザー”と“数時間先の情報をおおまかに入手したいユーザー”の双方のニーズに答えていきます。
『豪雨レーダー』「雨雲の動き」の活用法.png

『豪雨レーダー』だけのスペシャル機能
 「同心円」機能
  豪雨レーダーでは、地図画面中心からの同心円を描画できます。雨雲までの距離が一目で確認できます。
  また、移動速度の目安としても活用できます。
 同心円機能.png

 「濃淡」機能
  非常に弱い雨・強い雨の場合、地図上に描画される雨雲で下の地図が見づらくなります。
  このような場合に、「濃淡」機能で雨雲の色を切り替える事で、地図が見やすくなります。
 濃淡機能.png

■『豪雨レーダー』・「雨雲の動き」機能比較

 

豪雨レーダー

雨雲の動き

解像度

60分前から30分後まで:250m
40分後から60分後まで:1km

1km

更新間隔

5分毎

実況:5分毎
予報:30分毎

対象時間

現在から1時間前と現在から1時間先までの10分毎の情報

現在から2時間前・現在から6時間先までの1時間ごとの情報

降水量ランク

50段階のグラデーション
(※凡例はキーカラーの13色)

50段階のグラデーション


 『豪雨レーダー』「雨雲の動き」機能比較.png

■『豪雨レーダー』アクセス
URL:http://www.tenki.jp/map/ (PC/スマホ対応) 
   天気予報 > 豪雨レーダー
 『豪雨レーダー』アクセス方法.png

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。