ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2015年 / 乾燥した晴天日は花粉に注意!花粉飛散ピークとPM2.5に備え、 日本気象協会と P&Gアリエールが 『部屋干し指数』 を共同開発

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2015.02.09

乾燥した晴天日は花粉に注意!花粉飛散ピークとPM2.5に備え、 日本気象協会と P&Gアリエールが 『部屋干し指数』 を共同開発

  一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦) と、洗濯用洗剤ブランド「アリエール」を展開するP&G(本社:神戸市)は、春の代表的な大気汚れである花粉とPM2.5に備え、新たに共同で『部屋干し指数』を開発しました。
  本指数は、日本気象協会が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp」で2015年2月9日(月)より提供を開始します。

  一般に洗濯物を乾かす際、快晴で乾燥した日には屋外に洗濯物を干す“外干し”が好まれる傾向にあります。しかし、2月上旬以降、花粉の飛散が始まり、PM2.5の量が多く予想される日は、キレイに洗い上げた洗濯物に外干しによって汚れが付着する可能性があることから、その日の晴雨の天気だけでなく花粉飛散予測なども考慮したうえで、洗濯物を外干しにするか部屋干しにするかを判断する必要があると言えます。
  そこでこの度、日本気象協会と、洗濯のエキスパートであるP&Gアリエールはノウハウを合わせ、外干しよりもクリーンな洗濯ができる“部屋干し”の新たな判断基準『部屋干し指数』を策定して情報提供を行い、花粉やPM2.5などが気になる季節の清潔なお洗濯を応援したいと考えています。

  日本気象協会は、気象のビッグデータと他企業が所有するビッグデータを突き合わせて気象情報の新たな価値を生み出してまいります。

【『部屋干し指数』概要】
  『部屋干し指数』とは、天気だけでなく、洗濯物に付着してしまう花粉やPM2.5といった大気の汚れも条件判断に含め、外干しよりも部屋干しがふさわしい日である外気環境を指数化したものです。算出方法は、日本気象協会の天気・風速・花粉の飛散量予測・PM2.5の分布予測と、アレルギー専門医の清益功浩氏(*)が監修した花粉付着実験の結果を掛け合わせ算出しています。

注)
*アレルギー専門医 清益功浩氏は、P&G衣料用洗剤アリエールにおける「花粉付着量実験」プロジェクト監修者です。

      newJWA監修.png

 先生監修.png
部屋干し指数算出.png  
※ただし、『部屋干し指数』で対象としている衣類の素材は、綿です。



<『部屋干し指数』掲示サイト>
  2015年2月9日より、日本気象協会が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp」で全国142地点の『部屋干し指数』をご覧いただけます。また、スマートフォン用の閲覧サイトも開設します。掲示期間は、2015年2月9日~同年5月末頃までを予定しています。

部屋干し指数tenki.jpPC.jpg       部屋干し指数tenki.jpSP2.jpg
(WEBサイトイメージ)       (スマートフォン専用サイトイメージ)


<アイコン指標>

部屋干し指数凡例.png

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。