ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2015年 / 2015年のゴールデンウィークは全国的にお出かけ日和!

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2015.04.13

2015年のゴールデンウィークは全国的にお出かけ日和!

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野 克彦)は、2015年のゴールデンウィーク(4月29日(水)から5月6日(水)、以下GW)の天気傾向に関する情報を発表します。

 2015年のGWの天気傾向は以下の通りです。

・高気圧と低気圧が交互に通過し、天気が数日の周期で変わる
・曇りや雨の天気が長く続くことはなく、晴れる日が多くなる
・気温は、近畿から南西諸島は平年より高く、その他の地域もほぼ平年並みで、初夏のような陽気の日も


◇GWはお出かけ日和が多いでしょう
2015GWの天気傾向.png

 GWは全国的に晴れる日が多く、気温も平年並みか高くなる見込みです。GWの前後の土日を含む数日についても、同じように晴れる日が多いでしょう。そのため、全体的にお出かけ日和となる日が多くなりそうです。
 ただし、この時期は紫外線がすでに強くなっているため、紫外線対策をしっかりと行ってください。また、GW中に数日は寒気が南下してくる日がある見込みです。その前後では大気の状態が不安定となり、急なにわか雨や雷雨なども予想されますので、屋外でのレジャーは天気の急変にご注意ください。

【各地域の天候の一言ポイント】
◇北日本(北海道・東北)
・天気は数日の周期で変わり、太平洋側の地域を中心に晴れる日が多いでしょう
・気温は平年並みですが、朝晩はまだ冷え込む日もありそうです
・今年は桜の開花・満開が早く、東北地方は見頃を過ぎますが、北海道ではGW中に見頃を迎えるでしょう
・スキー場は、全体的に積雪が少ないところが多い見込みです

◇東日本(関東甲信・北陸・東海)
・雨の降る日もありますが、平年通りに晴れる日が多い見込みです
・気温はほぼ平年並みで、晴れた日の日中は初夏の陽気を感じられそうです
・北陸新幹線の開業で注目されている金沢・富山など北陸地方も、お出かけ日和が多くなるでしょう
・東京湾では、連休後半(5月3日~6日)が、潮干狩りに最適な潮汐となる見込みです(海上保安庁情報より)

◇西日本(近畿~九州)
・雨の降る日もありますが、平年通りに晴れる日が多い見込みです
・気温は平年より高く、初夏の陽気を感じられる日が多いでしょう
・紫外線が強いため、晴れた日の屋外でのレジャーは、紫外線対策をしっかりと行ってください

◇南西諸島(奄美・沖縄)
・梅雨入り間近の沖縄ですが、天気は数日の周期で変わり、雨の日は続かないでしょう
・気温は平年より高く、晴れた日は半袖でも過ごしやすい日も多くなる見込みです
・この時期は紫外線が強いため、紫外線対策をしっかりと行ってください
・海面水温は平年に比べてやや低くなる見込みで、水が少しひんやりと感じられるかもしれません

本情報は2015年4月13日時点の予測資料から作成したものです。最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイトtenki.jpで確認下さい。 
なお、23日(木)に最新の10日間予報を元にした、4月25日~5月2日の詳細な天気予報と5月3日以降の天気傾向を発表する予定です。

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。