ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2015年 / API提供サービス「天気予報API」で『3時間ごとの天気予報』の提供開始

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2015.09.14

API提供サービス「天気予報API」で『3時間ごとの天気予報』の提供開始

  一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦)と、アップフロンティア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:横山 隆之)は、共同事業で運営する「天気予報API」にて、新たに『3時間ごとの天気予報』のデータ提供を2015年9月14日(月)より開始します。

  「天気予報API」は、天気予報や様々な指数情報を、スマートフォンアプリやWEBサイトなどから利用するためのAPIを提供するWEBサービスです。1日ごとの情報を提供する『天気予報』(今日・明日・明後日)や『週間天気予報』(明日から7日先)などの従来の提供データに加えて、より詳細な情報が欲しいという声にお応えし、新たにスタートする『3時間ごとの天気予報』では全国142地点における3時間ごとの詳しい天気予報をご利用いただくことができます。

■天気予報API 『3時間ごとの天気予報』の概要
提供情報   :向こう24時間(※)の3時間ごとの天気・気温・風向風速
提供エリア:全国47都道府県142地域(一次細分区域)
提供回数 :一日3回(5時、11時、17時)
レスポンス形式:XML、JSON

※: 17時発表のみ向こう30時間先まで

■天気予報APIについて
  「天気情報API」は、アップフロンティア株式会社と一般財団法人日本気象協会が共同事業で運営する、天気予報をはじめ、紫外線情報や花粉情報、洗濯指数、ビール指数など様々な指数情報を、スマートフォンアプリやWEBサイトなどで利用するためのAPI(Application Program Interface)を有償で提供するWEBサービスです。アプリケーションの開発・配布の際に、天気予報や花粉、紫外線などの各種気象情報を組み込んだり、キャラクターや他のAPI情報と組合せたコンテンツとして活用することができます。

「天気予報API」サービスサイト:http://tenkiapi.jp

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。