ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2016年 / 日本気象協会、『シップデータセンター』に参画 ~IoTの活用による気象海象と船舶のビッグデータで海事産業を支援~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2016.05.20

日本気象協会、『シップデータセンター』に参画 ~IoTの活用による気象海象と船舶のビッグデータで海事産業を支援~

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦、以下「日本気象協会」)は一般財団法人 日本海事協会(本社:東京都千代田区、会長:冨士原 康一、以下「ClassNK」)の完全子会社である株式会社 シップデータセンター(本社:東京都千代田区、代表取締役:永留 隆司、以下「シップデータセンター」)の運営するデータベースサービスに、気象海象情報を提供します。

 シップデータセンターは船舶に関わるビッグデータ基盤として、十全なセキュリティー確保の下、運航データを収集、蓄積し、また利用者にデータを提供するデータセンターの運営にあたっています。日本気象協会は船舶の運航、港湾作業などの効率的な安全管理を支援するための気象海象情報を提供しており、今回両者の持つデータを組み合わせることで、高精度な船舶向け総合データベースを実現しました。

日本気象協会は、シップデータセンターに登録している船舶に、海上風(風向・風速)、波浪(波高・周期・波向)、海流(流向・流速)(※)などの気象海象の実況情報を無料で提供しますので、シップデータセンター利用者は船舶データだけでなく気象海象情報を合わせて利用することが可能となります。また、長期間の気象海象情報や波浪のスペクトル情報などのオプション情報も有料で提供しますので、船体構造・疲労強度などの安全設計に役立てていただけます。円滑な情報提供のため、ClassNKの「業界要望による共同研究」スキームを通じ、両者の開発したインターフェースが利用されます。

日本気象協会は企業メッセージ「ハーモナビリティ」の考えのもと、“プロフェッショナルパートナー”として、気象海象情報の提供を通じて海事産業の発展を支援します。

(※) 海流情報は(株)フォーキャスト・オーシャン・プラスより提供

 

シップデータセンター_イメージ図.JPG    
 【『シップデータセンターの役割』イメージ】  

 

【言葉の説明】
業界要望による共同研究とは…
業界各位からのご提案に基づき、海事業界の発展に資するテーマにClassNKが技術面および資金面のサポートを行い、共同して取り組む研究開発スキームです。2009年の開始以降、これまで約250件の共同研究を実施し、その成果が活用されています。

【言葉の説明】

業界要望による共同研究とは…
業界各位からのご提案に基づき、海事業界の発展に資するテーマにClassNKが技術面および資金面のサポートを行い、共同して取り組む研究開発スキームです。2009年の開始以降、これまで約250件の共同研究を実施し、その成果が活用されています。

 

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。