ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2016年 / 3連休は、台風16号の動きに要注意! ~八重山地方は明日、大荒れの天気に警戒が必要です~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2016.09.16

3連休は、台風16号の動きに要注意! ~八重山地方は明日、大荒れの天気に警戒が必要です~

  一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、日本へ接近する可能性がある台風16号に関する情報を発表します。

 

◇台風16号の注意点
● 17日(土)は、八重山地方で大雨・暴風など大荒れの天気に
● 20日(火)以降、西~東日本に接近する可能性があり、大雨や暴風、高波、高潮に警戒が必要
● 台風の予想進路が定まらないため、今後の最新の台風情報に要注意
 

 

台風16号の注意点.png



  “強い”勢力の台風16号は、16日(金)9時には中心気圧950hPaで、石垣島の南の海上を北上しています。台風は17日(土)に、“非常に強い”勢力となって八重山地方(与那国島や石垣島付近)を通過する見込みで、この地域では大荒れの天気となるでしょう。大雨や暴風、高波、高潮に警戒が必要で、特に“屋外での行動が極めて危険(※)”な暴風が予想されますので、厳重な警戒が必要です。

  その後は進路を東寄りに変え、3連休明けの20日(火)以降に、強い勢力を保ったまま西日本(九州~近畿)や東日本(東海・北陸・関東甲信)に接近する可能性があります。台風が接近する地域では、激しい雨や強風に注意が必要です。台風接近時は、不要不急の外出は控えるようにしてください。

  海岸付近では、太平洋側を中心に台風からのうねりによる高波や、高潮が予想されるため、波浪関係の注意報・警報が発表された場合は海岸付近には近づかないでください。

  また、秋雨前線が本州付近に停滞すると、その付近では台風接近前から大雨となる可能性がありますので、台風から離れた地域でも最新の気象情報にご注意ください。

  なお、今回の台風は進路予想が定まらず、予想が今後大きく変わる可能性があります。台風の速度が急に速まったり、それまでとは違う進路予想に変わったりすることもありますので、日々の気象情報に十分注意してください。また、台風の接近に備え、避難グッズ・備蓄品の準備や避難場所・避難時の連絡方法の家族間での確認など、事前の防災対策をお願いします。


【各地域の天候のポイント】
◇奄美・沖縄(南西諸島)
 ・八重山地方(与那国島、石垣島など)では、17日(土)に台風が接近・通過し、大荒れの天気となる見込み。
 ・特に、 “屋外での行動が極めて危険”な暴風が予想されるため、厳重な警戒が必要。

◇関東~九州(東・西日本)
 ・20日(火)以降に台風接近の可能性があり、台風の進路にあたる地域では、大雨・暴風・高波に警戒が必要。
 ・台風の予想進路が今後大きく変わる可能性があるため、日々の気象情報を要確認。
 ・秋雨前線が停滞する場合は、台風から離れていても大雨の可能性があるため、注意が必要。

◇北海道・東北(北日本)
 ・台風の進路によっては、21日(水)以降に大雨や強風となる可能性。

※気象庁「風の強さと吹き方」より。(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kazehyo.html
 
 

本情報は2016年9月16日11時時点の予測資料から作成したものです。最新の気象情報は
日本気象協会の天気予報専門サイト「tenki.jp」http://www.tenki.jp/ でご確認ください。
 

以上




参考資料

台風が接近する前の備え、接近してからの注意点を紹介します。


【接近する前に】

  • 最新の台風情報の確認をする
  • 家の周りの再点検をする
  • 窓や雨戸を補強する
  • 床上の浸水対策をする
  • ライフライン断絶に備える 

    事前の備え.jpg

【接近してから】

  • 用水路の見回りは絶対にやめましょう
  • 海岸の見回りは絶対にやめましょう
  • 屋外での作業は絶対にやめましょう
  • 外出は控える

やむを得ず外出している場合は・・・

  • 危険な土地では早めに避難する
  • 避難勧告に従う

避難の際は・・・

  • 避難の前には火の元の確認をする
  • 避難するときは軽装で

    接近してから.jpg
     

詳細は日本気象協会では天気予報専門サイト「tenki.jp(てんきじぇーぴー)」にて紹介しています。
http://www.tenki.jp/docs/note/typhoon/page_5

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。