ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2017年 / 2017年桜開花予想(第12回) ~桜前線はゴール間近! 道東は桜の季節へ~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2017.05.10

2017年桜開花予想(第12回) ~桜前線はゴール間近! 道東は桜の季節へ~

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、2017年5月10日(水)に北海道14地点の桜(ソメイヨシノほか)の開花予想(第12回)を発表します。
開花予想は日本気象協会のコーポレートサイト(http://www.jwa.or.jp/)や天気予報専門メディア『tenki.jp(てんきじぇーぴー)』(https://tenki.jp/sakura/expectation/)にて無料で公開しています。
なお、今回の発表をもちまして、今シーズンの桜の開花日・満開日予想発表を終了します。

(1) 概況
2017年の桜前線は、初夏を通り越して真夏並みの暑さの日もあった北海道を駆け抜けています。平年より3日前後早い開花となったところが多く、札幌や旭川、室蘭など各地でゴールデンウィーク期間中にお花見が楽しめました。
この先も気温は平年より高めに推移するため、根室で平年より3日早く、5月15日に桜前線はゴールを迎えるでしょう。

sakura_20170510_43.jpg2017年 桜開花予想前線図

 


●日本気象協会 長期予報(気温)

気温

5月中旬

~桜開花予想チームのコメント~

北日本

高い

北日本の5月中旬の気温は、「高い」予想となっています。暖かい日が続き、順調に開花・満開が進むでしょう。

 

 

(2)新緑と桜が一緒に楽しめる5月の北海道 

ゴールデンウィーク期間中の北海道は安定した天気の日が多く、真夏並みの陽気となった日もありました。4日はオホーツク海側の置戸町で、この日までの全国最高気温となる31.2度まで上がりました。
北海道では開花から3日前後で満開となるところが多く、桜前線は順調に北上を続けています。今後も桜前線の足取りは軽く、釧路で14日、根室では15日に開花を迎え、3月21日に東京からスタートした桜前線はおよそ2カ月かけてゴールを迎えるでしょう。

 

 

(3)桜開花予想のたより(リレートーク)

リレートーク画像_12回.pngのサムネイル画像

 

 

別紙
●各地の桜(ソメイヨシノほか)の2017年予想開花日・予想満開日(5月10日発表)

※平年(昨年)差の「-」は平年(昨年)よりも早く、「+」は平年(昨年)よりも遅いことを表します。
※平年値や昨年値は、気象庁・各自治体や名所の値を用い、平年値のない地点は過去の観測データをもとに算出しました。
※満開を観測していない地点と過去の観測の記録がない地点は、予想満開日は発表しません。
※北海道稚内市、留萌市、旭川市、網走市、帯広市、釧路市、浦河町、新ひだか町はエゾヤマザクラ、根室市はチシマザクラ、そのほかの各地はソメイヨシノを対象としています。
※予想開花日、予想満開日の( )はすでに開花や満開になった地点です。

 

北海道地方

地点

予想開花日

平年差(日)

昨年差(日)

予想満開日

平年差(日)

昨年差(日)

北海道

札幌市

(4月28日)

-5

+3

(5月3日)

-4

+2

北海道

稚内市

(5月9日)

-5

-4

5月14日

-3

-1

北海道

留萌市

(5月5日)

-4

0

(5月8日)

-4

0

北海道

旭川市

(5月3日)

-2

0

(5月5日)

-2

+1

北海道

倶知安町

(5月5日)

-2

0

(5月8日)

-5

0

北海道

網走市

(5月5日)

-6

-3

(5月7日)

-7

-3

北海道

帯広市

(5月1日)

-3

+1

(5月2日)

-5

-1

北海道

釧路市

5月14日

-3

+4

5月17日

-3

+4

北海道

根室市

5月15日

-3

+2

5月21日

-3

+3

北海道

室蘭市

(5月2日)

-4

+7

(5月4日)

-7

+2

北海道

浦河町

(5月7日)

-2

+4

(5月9日)

-3

+3

北海道

函館市

(4月27日)

-3

+3

(4月30日)

-4

+4

北海道

松前町(松前公園)

(4月23日)

-5

+1

---

---

---

北海道

新ひだか町

(二十間道路)

(5月3日)

-2

+3

(5月5日)

-4

+1

気象予報士コメント

日本気象協会 北海道支社

札幌や函館は市内の桜のピークは過ぎつつあり、木の根元は花びらのじゅうたんになっています。しかし、郊外の野山ではまだ自生する桜が楽しめ、稚内や釧路などもこれからお花見のシーズンとなります。北海道は桜に続きチューリップや芝桜、ライラックが次々と開花し、花の季節を迎えます。

【言葉の説明】

平年:1981~2010年の平均値
かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い    :平年よりも3日から6日早い
平年並   :平年との差が2日以内
遅い    :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い

日本気象協会は企業メッセージ「ハーモナビリティ」の考えのもと、“お天気コンシェルジュ”として、日々の生活に役立つ気象情報や防災情報、四季の変化を楽しむ季節情報などを提供することで、利用者の生活を豊かにする新しい価値を届けていきます。

 

以上

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。