ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2017年 / 日本気象協会とアビームコンサルティングが気象ビッグデータ活用に関するセミナーを共催 ~食品・アパレルなどの業界向けにサプライチェーンの生産性向上のための取り組みを紹介~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2017.10.18

日本気象協会とアビームコンサルティングが気象ビッグデータ活用に関するセミナーを共催 ~食品・アパレルなどの業界向けにサプライチェーンの生産性向上のための取り組みを紹介~

  一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己)は、アビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 俊典)と2017年11月29日(水)に「気象ビッグデータ活用で実現するサプライチェーンの生産性向上」と題したセミナーを共同開催します。本セミナーでは、気象データを活用して高精度な需要予測に興味をお持ちの食品・アパレル・日雑(日用雑貨)業界を対象に実施します。企業の皆さまのご参加をお待ちしています。

【日本気象協会×アビームコンサルティングのセミナー概要】
○名称  :食品・日用雑貨・アパレル業界向け
                  気象ビッグデータ活用で実現するサプライチェーンの生産性向上セミナー
                  ~高精度な需要予測で根拠のある意思決定をしませんか?~

○日時  :2017年11月29日(水)13:30~15:30

○受付    :13:00開始(お名刺を2枚お持ちください)

○会場  :WASEDA NEOイノベーション拠点 Blendipityホール
                  COREDO日本橋5階 早稲田大学日本橋キャンパス内
                (中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング5階)

○講演内容: 
第一部:需要予測の高度化による生産性向上(日本気象協会)
本取り組みの背景と社会的意義、事例紹介

・実証実験:生産調整・在庫調整による食品ロス削減事例(豆腐メーカー/つゆメーカー)

・実証実験:輸送方法変更によるCO2削減事例(飲料メーカー)
・最新解析事例紹介:市場規模データを利用した多品目気象感応度解析

第二部:予測精度向上を核にしたサプライチェーン改革の実現(アビームコンサルティング)
サプライチェーン改革の実現に向けたサービスメニューの紹介
・商品需要予測コンサルティング
・高精度予測を核したサプライチェーン改革支援

第三部:高精度予測で可能になるCPFRの実現化構想(アビームコンサルティング)
製・配・販3者すべてが利益を享受できる、エコシステムとしてのCPFR実現に向けた構想の紹介
※CPFR:Collaborative Planning Forecasting Replenishment

○参加費 :無料

○定員  :100名程度

○申込方法:メールでお申し込みください。

件名:セミナー参加申込み
送付先:eigyou_bosai@jwa.or.jp
①御社名 ②部署名、役職 ③お名前(ふりがな) ④お電話番号
⑤セミナーに関するご要望(任意)

※応募に際しご提供いただいた情報は、個人情報保護法に則り取り扱い、本セミナー開催の目的以外には使用いたしません。

○申込締切:2017年11月24日(金)
※お申込み数が定員に達し次第、受付を終了させて頂く可能性が有ります。何卒ご了承ください。

パンフレットのダウンロードはこちら

以上

 

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。