ホーム / 法人のお客様 / 業種から探す / 道路気象予測サービス

道路気象予測サービス

再現性の高い気象予測情報を提供することで、豪雨や大雪、吹雪等による交通障害対策を支援します。

道路を管理する国交省、民間、自治体、特殊法人は、安全・安心で円滑な道路交通を確保するため、時々刻々と変化する気象状況に細心の注意を向け、災害対策、雪氷対策などの道路維持管理を実施しています。

特に、豪雨、大雪、吹雪などは、走行車両の安全で快適な走行を妨げ、事故や渋滞発生の大きな要因となります。このような交通障害を未然に防ぐための、道路管理に特化した気象予測情報が必要不可欠です。さらに、近年は北海道や東北地方を中心に、突発的な降雪や豪雪、吹雪による視程障害が頻発しており、ますます道路維持管理における気象情報活用の重要性が高まっています。

当協会では交通障害の要因となる気象要素について、特定地点やICごとの詳細なポイント予測や作業判断支援情報をFAXやPCメール添付、PC-Web等でご提供します。

特徴

複雑地形に応じた局地気象を精度高く再現できる独自気象予測モデルを活用し、路面状態、視程等の道路管理に特化した気象予測情報を提供します。さらに、オプションとして異常時は道路気象チームによる電話コンサルタント(24時間対応)も受け付けています。

道路気象チーム.png

用途

  • 道路維持管理の支援

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。