ホーム / 法人のお客様 / 業種から探す / 鉄道運行管理向け強風・突風予測サービス

鉄道運行管理向け強風・突風予測サービス

実況データを反映した高精度の強風・突風予測情報を提供することで、鉄道運行管理を支援します。

鉄道の運行管理において、強風や突風は安全・安心なサービスを継続するために考慮すべき重要な要素の一つです。風が強い場所は地形の起伏に左右されることが多く、強風時にその場所を運行するか、迂回するか、安全のために運休とするかなど、厳しい判断を求められます。このような強風時の運行計画を迅速に決定できるよう、最新の独自気象予測モデルに現地の気象観測データを取り込み、準リアルタイム補正による高精度の強風・突風予測サービスを実現しました。本サービスは、平均風速ではなく最大瞬間風速を予測しますので、運行規制値とリンクし、より実用的な利用が可能となります。

特徴

台風や急速に発達する低気圧に伴う強風・突風現象において、最大瞬間風速が規制基準に達する時刻、規制基準を下回る時刻や継続時間に関する情報を提供し、安心・安全な鉄道運行管理をサポートします。

予測表の例.png 風向風速計.png

当協会の独自気象モデル(SYNFOSナウキャスト)をもとに予測しており、6時間先までの予測を、1時間毎(毎時30分頃)に更新しています。
参考として、アメダスの最大瞬間風速を掲載しています。

用途

  • 鉄道運行管理の支援

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。