ホーム / 法人のお客様 / サービスから探す / 最新型の局地豪雨監視レーダを用いた鉄道運行管理支援システム

最新型の局地豪雨監視レーダを用いた鉄道運行管理支援システム

最新型気象レーダ情報や予測情報に基づいた局地的・突発的な大雨にも対応できる運行管理支援システムです。

鉄道事業者様に特化した情報として、最新型気象レーダ(XバンドMPレーダ)降水メッシュ情報や警報・注意報等を組み合わせて大雨時の運行管理体制を支援するとともに、路線ごとの規制情報表示画面および監視メッシュ上のレーダ雨量時系列等をオンラインで提供するシステムです。オプションで緊急情報発表時のポップアップやアラーム、自動印刷機能も設定できます。また、お客様の鉄道雨量計の取り込みや浸水リスク等のオプション情報の表示、強風・突風の予測、積雪・寒冷地域においては地吹雪予測や架線着氷霜予測など完全カスタマイズも可能です。

本システムは、総合気象サービス MICOS Fit との併用をお勧めします。

特徴

各路線の的確な現況を早期に把握し、運行管理に直結する情報のみを直感的なインターフェースで表示するとともに、「行動ナビ」によって次に必要な監視行動をサポートします(例:○○線では豪雨の危険度が高まっています。現状監視を強化してください 等)。

雨雲レーダ画面.png 規制情報表示画面.png

雨雲レーダ画面

規制情報表示画面(路線図)

監視メッシュ上のレーダ雨量時系列画面.jpg

監視メッシュ上のレーダ雨量時系列画面

用途

  • 鉄道事業者様の運行管理支援

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。