ホーム / 法人のお客様 / サービスから探す / 気象モデルによる降雨予測システム

気象モデルによる降雨予測システム

近年、災害が増加している集中豪雨や都市型強雨などの予測を行います。

近年は集中豪雨の発生頻度が増加しており、2012年の福岡県柳川や2013年の島根県浜田川の氾濫など洪水リスクも増大しています。また、都市部では局地的豪雨の影響で想定以上の降水量となって道路冠水や床上浸水などの被害が相次いでいます。
本商品は、WRFと呼ばれる気象モデルを用いて6~12時間先の大雨を予測するシステムです。このシステムでは、レーダやGPS可降水量などの最新の観測情報を取り入れて、より正確な降雨予測を行います。過去の降雨状況の調査や将来の仮想台風による大雨調査などにもご利用いただけます。

特徴

お客様のご要望に合わせて予測時間や更新頻度、情報の細かさなどを調整し、各々のお客様に特化した予測情報を作成します。

気象モデルによる降雨予測システム.png


用途

  • 浸水、土砂災害に対する予測
  • 大雨による体制判断の支援
  • 洪水予測、ダム操作の支援

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。