ホーム / 法人のお客様 / サービスから探す / 日射量・太陽光発電量の経年変動解析

日射量・太陽光発電量の経年変動解析

事業採算性やリスク評価に、日射量・発電量の長期変動解析をご活用いただけます。

メガソーラーを建設するにあたり、発電量が年によってどの程度変動するかを把握することは、事業採算性やそのリスクを評価する上で非常に重要です。当協会では、過去30年間(1985年~2014年)の日射量データを用いて、建設予定地点における日射量、太陽光発電量の変動を解析して提供しています。この解析により、リスク評価に不可欠な、日射量と発電量の30年間平均値、最大値・最小値、標準偏差、出現頻度、超過確率といった統計情報を把握することができます。

特徴

  • 統計値算出には、30年間という長期間の観測データを用いており、長期的な変動を考慮した事業採算性評価に活用できます。任意の傾斜角、方位角での日射量・発電量を計算できます。
  • 解析には2014年までのデータを用いていますので、近年の日射量の特性に応じた解析結果を提供できます。
  • 任意の傾斜角、方位角での日射量、発電量を計算できます。
  • 全国各地の解析結果を提供できます。

 

【サービス紹介】①経年変動解析.png

●月ごと、年ごとの太陽光発電量の変動
30年間の月ごと、年ごとの日射量・発電量のグラフより、対象地点での日射量(発電量)の年単位・月単位の変動を視覚的に把握できます。

【サービス紹介】②経年変動解析.png

●30年平均値、最大値、最小値、標準偏差のグラフ
対象地点での年変動の傾向を定量的に把握することができます。過去30年間における最大値・最小値、標準偏差は太陽光発電事業の長期的な採算性の評価を行う上で重要な指標となります。

【サービス紹介】③経年変動解析.png
●年平均日積算発電量の超過確率

一定の日射量(発電量)以上となる確率を超過確率といいます。超過確率を用いると、どの程度の確率で一定以上(以下)の日射量(発電量)となるのかがわかります。例えば10年に1回の低日射の年がどの程度の日射量になるのかを把握することができます。

用途

  • 日射量の年変動を考慮したメガソーラーの事業採算性評価メガソーラーの変動リスク評価
  • 日射量の年変動を考慮したメガソーラーのリスク評価

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。