ホーム / 法人のお客様 / サービスから探す / ダム流入量予測システム

ダム流入量予測システム

メッシュ型流出モデルを用いてダムへの流入量を予測し、ダム管理の支援を行います。

メッシュ型流出予測モデルは、ダムの集水域を1km格子などの平面格子に区切り、隣接格子間の水移動を逐次算定することで集水域内における任意箇所の流量の変化を予測計算するものです。気象レーダ観測や気象モデルによるメッシュ雨量値(観測値、予測値)を直接モデルに取り込むため、局地的豪雨による出水についても精度の良い流出予測が可能です。ダム地点における流入量を表すハイドログラフに加え、集水域全体の流量分布図によって「いつ、どこに、どのくらい?」といった予測流量を面的に表示、把握することができます。また、ダムにおける実況値(雨量やダム流入量)の取り込みや表示ができるため、実況監視にもご利用いただけます。

特徴

ダムにおける流入量だけでなく、上流域の任意地点における流量予測も表示ができます。アニメーションでの表示を行うことによって、面的に流量の分布および変化の様子を把握できます。

ダム流入量予測システムの例.png

ダム流入量予測システムの例

参考:総合気象サービス MICOS Fit

用途

  • ダム管理(予備放流等)
  • 河川管理
  • 洪水予測、防災
  • 実況監視

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。