ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2018年 / 2018年桜開花予想(第7回)~桜前線北上中 北陸や長野県、東北南部で見ごろに!~

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

採用情報
気象キャスター募集
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2018.04.04

2018年桜開花予想(第7回)~桜前線北上中 北陸や長野県、東北南部で見ごろに!~

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、日本全国92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、および日本三大桜3地点)の開花予想日(第7回)を2018年4月4日(水)に発表します。

 

◆今週は北陸や長野県、東北南部が桜色に。入学式や入園式は満開の桜の中で!
◆桜前線は、東北北部の岩手・大船渡まで到達!
◆北海道では大型連休にあわせてお花見が楽しめそう


2018年桜開花予想前線図

 
sakura2018_JWA07_34.jpg
 

■開花と満開の傾向

桜前線は、3月30日に岩手・大船渡へ到達し、東北北部まで北上しています。3月の気温が平年より高かった影響で、全国的に平年より10日間から2週間ほど早く開花したところが多くなっています。特に大船渡では平年より15日、仙台では12日早い開花となりました。今週末から来週にかけて一時的に寒気が流れ込みますが、その後は再び気温が平年より高くなると予想されています。これまでの高温でつぼみが急生長しているため、これから咲く地域でも平年より早く開花する見込みです。長野県の標高の高いところでは今週末から開花し、東北の広い範囲でも4月中旬には開花するでしょう。桜前線は大型連休前には津軽海峡を越え、5月中旬にかけて北海道全域で開花する予想です。
記録的に早い満開を迎えた九州から関東では満開のピークを越えました。散り始めたところが多くなっていますが、舞い散る花びらの下でお花見を楽しむ声が各地から聞こえています。北陸、長野県の一部、東北南部では、平年より10日前後早く満開となり、見ごろを迎えています。特に仙台では、平年より12日早く満開となりました。平年では、開花から満開までの日数は1週間前後のところが多いですが、今年は3月下旬の気温が平年よりかなり高くなったため、この日数が短いのが特徴でした。これから満開を迎える新潟県や長野県の標高の高いところで、山形県では今週末から中旬に、東北北部では4月下旬に、北海道でも5月上旬から中旬に満開となるでしょう。



■日本気象協会 長期予報(気温)

 

気温

4月15日頃まで

4月15日以降

5月

~桜開花予想チームのコメント~

北日本

平年並みか低い

高い

平年並みか高い

4月15日頃まで一時的に寒気が流れ込み、気温が平年並みか低くなるでしょう。その後は北日本で再び平年より高くなり、5月も平年並みか高い見込みです。

東日本

平年並みか低い

―――(※1)

―――(※1)

西日本

―――(※1)

―――(※1)

―――(※1)


※1 ――:桜の開花・満開に影響しない期間

 

2018年 桜の予想開花日・満開日(主な地点)

 

 

地点

予想開花日

平年開花日

昨年開花日
(2017年)

予想満開日

平年満開日

昨年満開日
(2017年)

福岡県

福岡市

(3月19日)

3月23日

3月25日

(3月27日)

4月1日

4月5日

香川県

高松市

(3月24日)

3月28日

4月2日

(3月29日)

4月5日

4月8日

広島県

広島市

(3月22日)

3月27日

3月27日

(3月28日)

4月4日

4月7日

大阪府

大阪市

(3月20日)

3月28日

3月30日

(3月26日)

4月5日

4月6日

愛知県

名古屋市

(3月19日)

3月26日

3月28日

(3月27日)

4月3日

4月6日

東京都

千代田区

(3月17日)

3月26日

3月21日

(3月24日)

4月3日

4月2日

長野県

長野市

(4月2日)

4月13日

4月14日

4月8日

4月17日

4月17日

富山県

富山市

(3月27日)

4月5日

4月5日

(3月30日)

4月10日

4月8日

新潟県

新潟市

(4月3日)

4月9日

4月8日

4月8日

4月14日

4月13日

宮城県

仙台市

(3月30日)

4月11日

4月7日

(4月4日)

4月16日

4月13日

北海道

札幌市

4月28日

5月3日

4月28日

5月2日

5月7日

5月3日

※予想開花日、予想満開日の( )はすでに開花や満開になった地点です。

全92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、日本三大桜3地点)の予想開花日・予想満開日は、日本気象協会が運営する天気予報専門メディア『tenki.jp(てんきじぇーぴー)』桜の開花予想ページ(https://tenki.jp/sakura/expectation/)にて公開しています。

■各地の気象予報士コメント

 

1.九州支社_松井渉さん.jpg 日本気象協会 九州支社(松井 渉)

九州の桜は散りつつあるところが多くなっています。今年は、桜の見ごろを迎えてから、例年にない穏やかな晴天続きで、お花見には絶好の天気に恵まれました。九州は6日頃に雨や風が強まることが予想され、桜の季節は終わりを迎えるところが多くなりそうです。
   
2.四国支店_川越絵里子さん.png  日本気象協会 四国支店(川越 絵里子)

平年より4日~7日早い開花となった今年の桜は足踏みすることなく満開へと進み、高知の満開は3月19日と歴代全国1位の早さとなりました。早い開花・満開に見ごろの短さも心配されましたが、晴天続きで満開を過ぎた後も桜の花びらが舞うのをゆっくりと楽しめています。
平年より4日~7日早い開花となった今年の桜は足踏みすることなく満開へと進み、高知の満開は3月19日と歴代全国1位の早さとなりました。早い開花・満開に見ごろの短さも心配されましたが、晴天続きで満開を過ぎた後も桜の花びらが舞うのをゆっくりと楽しめています。

   
3.中国支店_筒井さん.jpg  日本気象協会 中国支店(筒井 幸雄)

今年の桜は天気に恵まれて、満開の期間がいつもより長くなっています。この先は、今週末には雨や風の影響を大きく受けるため、花びらが散り満開を過ぎる見込みです。冬の厳しい寒さを越え、駆け足でやってきた桜の季節は終わりに近づくでしょう。
   
4.関西支社_真田知世さん.jpg  日本気象協会 関西支社(真田 知世)

今年の近畿地方の桜は、昨年より10日前後早く開花し、順調に満開を迎えました。大阪、京都、滋賀では、観測史上で最も早い満開となりました。満開のあと、一度も雨が降ることなく天気に恵まれ、あちらこちらお花見で盛り上がっています。少しずつ葉桜になりつつありますが、散りゆく桜の花びらを楽しみながら宴は続いています。
   
5.中部支社_菅野彰太さん_02.jpg  日本気象協会 中部支社(菅野 彰太)

名古屋周辺の桜は散り始めていて、早くも桜シーズンが終わろうとしています。一方、飛騨高山周辺では、今週から咲き始めており、まもなく満開を迎えそうです。平野部のお花見を逃した方も、まだチャンスがありますが、お天気と相談して早め早めの計画を。
   
6.本社_秋田さん.jpg  日本気象協会 本社(秋田 純佳)

今年の関東地方の桜は、開花、満開とも平年より1週間から10日ほど早くなり、開花日は東京で3月17日と観測史上3番目に早く、満開日は、銚子や前橋、水戸で最速記録を更新しました。散り始めた桜を名残惜しみつつ、あと数日間は楽しめそうです。
   
7.長野支店_浜中弘樹さん.jpg  日本気象協会 長野支店(濵中 弘樹)

最近の暖かさで、県内の桜も記録的に早い開花となっています。特に今週が開花ラッシュとなって、残すは北部山沿いのみになりました。今週末にかけての雨が桜流しになる可能性もあるため、今日明日のうちにぜひ一度お花見を。
   
8.北陸支店_瀬山さん.JPG  日本気象協会 北陸支店(瀬山 滋)

今年の北陸3県の桜は平年より5日~9日早く開花し、スピードを落とすことなく満開となりました。 富山では開花から3日で満開を迎え、観測史上最も早い満開日となりました。このあとは散りゆく桜を 楽しめますが、週末は寒の戻りがありますので服装に注意してください。
   
9.新潟支店_今井梢さん.jpg  日本気象協会 新潟支店(今井 梢)

このところの陽気で高田公園では観測以来最も早く開花し、新潟市も平年より6日早い開花になりました。週末の低気圧やその後の寒の戻りでこれからのお花見が少し心配ですが、その分少し長く桜を楽しめるでしょう。
   
10.東北支社_佐藤理恵子さん.jpg  日本気象協会 東北支社(佐藤 理恵子)

先週の初夏のような陽気に促されて、今週は南部を中心に満開を迎えるところが多いでしょう。今週末は寒の戻りがある予想で、満開になった桜は少し長く楽しめそうです。北部のつぼみは今週末の寒気の影響は受けるものの平年より早く開花するところが多いでしょう。
   
11.北海道支社_持田浩さん.jpg  日本気象協会 北海道支社(持田 浩)

北海道はこれから4月中旬はじめ頃までは、すっきりしない天気で気温も上がりにくい日が目立ち、花芽の生長は一旦やや足踏み状態となりそうです。しかし、その後は晴れて暖かい日が多くなるため生長は順調に進み、各地の開花、満開ともに平年に比べて5日前後早くなるでしょう。

 

  日本気象協会では日本全国89地点の桜(ソメイヨシノほか)の開花予想以外にも、「日本三大桜」と呼ばれている福島県の「三春滝桜」(みはるたきざくら:ベニシダレザクラ)、山梨県の「山高神代桜」(やまたかじんだいさくら:エドヒガンザクラ)、岐阜県の「根尾谷淡墨桜」(ねおだにうすずみざくら:エドヒガンザクラ)の開花予想を「tenki.jp」にて公開しています。

【言葉の説明】
平年:1981~2010年の平均値
開花日:標本木で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日(気象庁の観測基準と同じ)
満開日:標本木で80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日(気象庁の観測基準と同じ)

休眠打破:前年の夏に形成され休眠に入った花芽が、冬になり一定期間の低温にさらされて目覚めること

   
   

 

2018年桜開花予想[よくあるご質問].pdf

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。