SERVICE洋上風況推定シミュレーション

洋上風況推定シミュレーション
Services

気象の3次元数値シミュレーションにより、洋上風力発電の事業性評価に必要な風況データを推定します。

「洋上風況推定シミュレーション」は、洋上風力発電の事業検討海域での風況を、気象モデルを用いて推定することで、洋上風力発電の事業性評価に必要な解析を実施するサービスです。
300mメッシュでの高解像度な数値シミュレーションを行い、洋上風力発電の風車ハブ高さ(高度100mなど)の風況マップや、台風や前線通過などの気象状況を加味した年間風況データを提供することが可能です。本サービスで提供する洋上風況推定値は、直接観測が難しい洋上での空間的な風況データとして、洋上風力発電事業者の事業性評価に活用いただけます。
さらに、日本気象協会が開発した洋上風況観測システム「BuoyLidar(ブイライダー)」で取得した洋上風況の観測値を気象モデルに取り込むことで、より高精度な洋上風況の推定が可能です。

 

気象モデルを用いた「洋上風況推定シミュレーション」の例(風速分布)
気象モデルを用いた「洋上風況推定シミュレーション」の例(風速分布)

サービス内容

サービス内容

特徴

  • 洋上風力発電の事業検討海域を対象に、300mメッシュでの高解像度な気象の数値シミュレーションを行い、洋上風力発電の事業性評価に必要となる風況データを推定
  • 風車ハブ高さ(高度100mなど)の風況マップや、台風や前線通過などの気象状況を加味した年間風況データを提供することが可能
  • 日本気象協会が開発した洋上風況観測システム「BuoyLidar(ブイライダー)」の観測値を数値シミュレーションに取り込むことで、より高精度な洋上風況の推定が可能

用途

洋上風力発電事業者の事業性評価

関連ニュース

・洋上風力発電の事業性評価を支援する「洋上風況推定シミュレーション」を提供開始 ~気象モデルにより、風車ハブ高さ100mの洋上風況を300mメッシュで解析~(2020/11/30 日本気象協会ニュースリリース)https://www.jwa.or.jp/news/2020/11/11684/

・日本気象協会「平成28年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択される~「洋上風況の観測システム及び推定に関する技術開発・実証事業」を実施~(2016/9/13 日本気象協会ニュースリリース)https://www.jwa.or.jp/news/2016/09/4638/