SERVICEグローバル気象データ

グローバル気象データ
Services

地球全球、約7,000地点のグローバル気象データをご提供しています。

日本の気候は、地球規模で巡る大気の循環の影響を受けています。
日本気象協会では、商品需要予測サービス「eco×ロジプロジェクト」にて、全球の約7,000地点の気象予測をオリジナルで開発し、提供しています。

日本気象協会では海外気象予測などのデータを、最新技術を使い独自の手法で開発・精度を向上させています。これにより、日本気象協会と契約いただいている企業に対して毎日の天気予報から中長期的な予測までを提供しています。

グローバル気象予測データを活用いただくことで、企業が保有する海外拠点における原材料供給・生産計画や、販売計画を効率的に設計することが可能となります。

また近年では気象予測データと、自社の海外拠点が持つ販売データを解析することでグローバル規模での需要予測を開発しビジネスへ利用する動きも始まっています。これらの動きに対しても、日本気象協会は気象コンサルティングの立場からご協力させていただきます。

※お問い合わせの際は、御社ビジネスにおける重点地域や都市名等をお聞かせください。ご提供する気象データ種や需要予測サービスについてご提案させていただきます。
*提供形式:CSV,PDF/FTP,メールなど。 形式はご相談ください。

 

■「グローバル気象」の需要予測への活用イメージ
ヨーロッパ地域におけるTシャツの需要予測

Tシャツ需要予測 2019年7月25日
Tシャツ需要予測 2019年7月25日

特徴

・最新技術を使い独自の手法で開発・精度向上させています。
・最大6カ月先までの予測を提供します。
・世界約7,000地点からご希望の地点をお選びいただけます。

用途

・海外の天気予報データ取得
・海外の気象予測を活用したPR・マーケティング
・海外進出やアプローチに向けた事前調査
・海外需要予測実施による効率的な生産計画、販売計画のサポート