ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2018年 / 日本気象協会とJMDC スマートフォン向けアプリ「ぜんそくリスク予報」を提供開始 ~「Health Weather(R)」サービス 第1弾~

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

採用情報
気象キャスター募集
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2018.09.20

日本気象協会とJMDC スマートフォン向けアプリ「ぜんそくリスク予報」を提供開始 ~「Health Weather(R)」サービス 第1弾~

  一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、株式会社JMDC(本社:東京都港区、代表取締役社長:松島 陽介、以下「JMDC」)と、「気象ビッグデータ」と「医療ビッグデータ」を活用した統計解析の結果から、健康的な日常生活の過ごし方を提案する新しいサービス「Health WeatherR」(ヘルスウェザー)のサービス第1弾として、主に10歳未満のぜん息患者を対象としたスマートフォン向けアプリケーション「ぜんそくリスク予報」(以下、本アプリ)を2018年9月20日(木)に公開します。

【スマートフォン向けアプリケーション「ぜんそくリスク予報」】
■特徴
  市区町村単位の今日と明日の気温変化のポイントを、グラフとコメントでお知らせします。10日先までの気温変化に対するぜん息発症のリスクを5ランクの指数情報でわかりやすく表示します。
  体調や服薬の状況はチャット風のインターフェースでキャラクターと会話しながら記録することができます。また、自分の体調を言葉で表現できないお子さまのために、音声による元気のチェック機能を搭載しています。お子さまとコミュニケーションしながら体調管理ができるアプリです。

■画面イメージ

180920_001.png

  180920_002.png
  180920_003.png

 

■本アプリ開発の背景
  ぜん息患者は年々増大を続けています。ぜん息患者には10歳未満の患者が多く、その他の年代に比べ最大で4倍以上の差があります。子どものぜん息に対する不安を軽減するためにも有益な情報が必要とされています。また、関連する医療費も増加し続けています。レセプトデータをもとに、ぜん息患者の医療費を調査したところ、[重症化した群]は[重症化しなかった群]に比べ一人当たりの年間医療費が約3.7倍高く、重症化を予防できた場合、一人当たり年間約100,000円の医療費が低減できる可能性があることがわかりました。日本気象協会とJMDCは、「ぜんそくリスク予報™」を提供することが、患者自身のぜん息発症に対する回避行動や適切なタイミングでの医療機関への受診を考えるきっかけになると考えています。両社は今後も、「Health Weather®」サービスの充実を図り、サービス利用者の健康への意識向上や行動変容を促し、健康社会の実現を目指していきます。

■サービス料:無料

■ダウンロード先
・AppStore  URL: https://itunes.apple.com/jp/app/id1372656776
・GooglePlay URL: https://play.google.com/store/apps/details?id=healthweather.asthma 

   なお、本アプリは「Health WeatherR」(ヘルスウェザー)の取り組みである「ぜんそくリスク予報TM」の情報を活用したものです。「ぜんそくリスク予報TM」とは、予測される気象状況から、各地の1日ごとのぜん息発症のリスクを10日先まで予測するものです。

【Health WeatherR
「Health WeatherR」(ヘルスウェザー)とは、疾患の発症や重症化予防および健康維持に関心が高い人とその人たちへサービスを提供する企業や団体に対して、「気象ビッグデータ」と「医療ビッグデータ」を使用した疾患の発症・重症化リスク情報と関連情報を提供するサービスです。
サービス詳細 https://www.jwa.or.jp/service-business/service/964.html  

【日本気象協会】
1950年に誕生した日本気象協会は、分単位で収集される国内外の気象ビッグデータをもとに、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業、放送局・新聞社向け情報サービス提供など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。

【JMDC】
医療ビッグデータ業界のパイオニアとして2002年に設立。独自の匿名化処理技術とデータ分析集計技術を有しています。3億3,000万件以上のレセプトデータと1,700万件以上の健診データ(2018年3月時点)の分析に基づく保険者の保健事業支援、医薬品の安全性評価や医療経済分析などの情報サービスを展開しています。また、健康度の単一指標(健康年齢)や健康増進を目的としたWebサービス(PepUp)など、医療データと解析力で健康社会の実現に取り組んでいます。

【「Health Weather(R)」サービス全般に関するお問い合わせ窓口】

・「Health Weather(R)」サービス担当窓口 日本気象協会メディア・コンシューマ事業部 
     Email:health-weather_media@jwa.or.jp
・「Health Weather(R)」解析担当窓口 JMDC 経営管理部 広報担当 
     電話:03-5733-5010(平日9時~18時まで)Email:jmdc-pr@jmdc.co.jp

 

・内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。
・製品名・サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。