COMPANYカンパニー
カンパニートップ
気象テクノロジーで、
未来を支える。

世界規模で気象が激甚化するなか、民間気象会社が果たすべき役割の重要性も非常に高まってきています。
日本の気象コンサルティングサービスのパイオニアとして1950年に創立した日本気象協会は「伝統と革新」を念頭に、AIやIoT、気象ビッグデータの活用を通じ気象の調査解析、情報提供の精度を向上させ、気候変動への適応など持続可能な世界を実現する活動を支援しています。
わたしたちは気象テクノロジーで未来を支えてまいります。

メッセージMessage

メッセージ
自然界と調和した、
社会を。

日本気象協会は1950年の設立以来、気象・環境・防災などに関わる調査解析や情報提供を行ってきました。
昨今、気象の激甚化や地球温暖化、エネルギー問題、情報化社会の進化、超高齢化・少子化社会の到来など、世の中の状況が大きく変化してきています。
日本気象協会の最大の強みは調査解析技術とリアルタイムに情報を提供できる技術を併せ持つこと。
世の中の変化に対して、強みを生かし法人や個人のお客様とともに、「自然界と調和した社会」の創生を目指し未来を切り開いてまいります。

メッセージを見る