SERVICE企業向け 気候変動影響評価

企業向け 気候変動影響評価
Services

気候変動が企業活動に与えるリスクやチャンスの分析を通して、企業による気候変動への適応やTCFD提言への対応を支援します。

気候変動は、中長期的な気温上昇や降水の変化や、台風、豪雨、干ばつなどの短期的な極端な気象現象を引き起こし、企業の事業活動に様々な影響を及ぼします。企業は、企業活動に与える気候変動の影響を予測・評価し、起こりうるリスクやチャンスを投資家に開示することが求められるようになりました。この行動は、金融安定理事会(FSB: Financial Stability Board)が設置した「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD: Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」で提言されており、世界的な潮流となっています。
気候変動のリスクとチャンスを正しく理解し、企業経営に生かすこと。これが、気候変動に適応した新たなビジネスとして、企業の長期的な成長を支えていきます。
日本気象協会は、これまでに培ってきた気候変動に関する豊富な知見と解析技術を生かし、気候変動が事業活動に与える中長期的なリスクとチャンスを分析することで、企業経営を支援します。

■特徴

・企業の事業活動の発展を見据えた気候変動の影響評価・適応に関するコンサルティング
・長年の調査・解析業務を通じて得た気候変動に関する高度な解析技術
・国・自治体等が実施する気候変動適応関連事業の豊富な受託実績、高い信頼性

○サービス内容

・企業活動に関連する気候変動関連の知見レビュー
文献調査や専門家へのヒアリングにより、気候変動による特定の地域や作物への影響など既存の知見をレビューします。

・将来気候マップによる「見える化」
気候モデルのアウトプットを解析し、ご指定の地域の将来の気温、降水量等のマップを作成し、気候変動を「見える化」します。

・気候変動影響評価(スクリーニング)
様々な事業拠点のうち、洪水、高潮、高温など気候変動の観点からリスクの高い拠点を特定します。

・気候変動影響評価(簡易評価)
サプライチェーンを含む事業活動全体を見渡し、影響評価を実施すべき活動をリストアップします。主に既存情報を用いた簡易評価を行い、各項目の重要度を評価します。

表 事業活動別の気候変動影響の例

・気候変動影響評価(詳細評価)
事業活動(事業所・工場・作物栽培等)への洪水、高潮、高温などの影響を気候モデルのアウトプットやシミュレーションにより詳細に評価します。

○サービス用途

・中長期的な経営計画・投資計画の策定に資する気候リスク分析
・TCFD提言対応のための物理的リスク/チャンスの評価
・気候変動による原料作物の収量/品質変化、栽培適地の評価
・極端現象(豪雨・台風等)による事業拠点の破損などのリスク評価
・極端現象(豪雨・台風等)によるサプライチェーン寸断のリスク評価
・海外からの調達過程におけるリスク評価