SERVICE鉄道運行管理向けレーダ雨量監視システム

鉄道運行管理向けレーダ雨量監視システム
Services

気象レーダ観測情報を活用して沿線の局地的な大雨を捕捉し、鉄道の安全性向上に寄与するシステムを提供します。

近年の気候変化に伴い、雨の降り方が局地化・激甚化しており、点在する鉄道雨量計のみでは頻発している局地的大雨を的確に捉えられないことが危惧されています。最新気象レーダ(XRAIN※1)や解析雨量※2を活用して鉄道沿線をきめ細かく雨量監視して局地的大雨を捕捉します。レーダ雨量監視システムは、雨量や警報(規制値の超過状況)を指令や保線区等で同時に把握でき、システム内で警報を一元管理できる仕組みとなっており、実オペレーションを支援します。

※1 国土交通省のXバンドMPレーダとCバンドMPレーダで観測している雨量を合成したも
※2 気象レーダで観測した雨量をアメダスなどの地上雨量で補正したもの

鉄道運行管理向けレーダ雨量監視システム

特徴

・解析雨量やXRAINをもとに沿線上の雨量(時雨量、連続雨量等)を1㎞ごとに演算し、キロポストごとや運転規制区間単位で規制値超過を判定します。

・沿線上の雨量が規制値超過した際に、ポップアップ画面、音声、表示灯装置にアラート通知します。

・沿線上の雨量や警報状態を一覧表等の画面により一目で把握可能です。

・鉄道事業者様の鉄道雨量計データとの連携も可能です。

提供方法

Webサービスで提供します。

アラート通知の表示イメージ(図1)
アラート通知の表示イメージ(図1)
沿線の雨量や規制値超過状況の表示イメージ(図2)
沿線の雨量や規制値超過状況の表示イメージ(図2)