ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2016年 / 日本気象協会 年末年始の天気傾向を発表 ~年末年始は、太平洋側で過ごしやすい日が多い~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2016.12.13

日本気象協会 年末年始の天気傾向を発表 ~年末年始は、太平洋側で過ごしやすい日が多い~

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、年末年始[2016年12月29日(木)頃から2017年1月3日(火)頃]の天気傾向に関する情報を発表します。

   
  ◇年末年始(12月29日頃~1月3日頃)の天気傾向
   ●太平洋側の地域は、晴れて気温も高く、過ごしやすい日が多い見込み    
   ●日本海側の地域は雪や雨の日が多いが、荒れた天気になる可能性は小さい   
   ●奄美・沖縄は曇りや雨の日が続く見込み

 

                    2016_yearendandnewyear_1.png 

年末年始(12月29日頃~1月3日頃)の日本付近は、冬型の気圧配置となる日が多い見込みです。ただし、寒気の南下が弱く、かつ長続きしない予想となっています。
このため、北海道から九州の太平洋側は、関東以西を中心に穏やかに晴れる日が多い見込みです。気温も平年並みか高い日が多く、過ごしやすい年末年始となるでしょう。冬型が緩むタイミングで曇りや雨となる日もありますが、東京都心など平地で雪が降ることはない見込みです。
北海道から九州の日本海側は、雪や雨の降る日が多いですが、大雪や猛ふぶきなどの荒れた天気になる可能性は小さいでしょう。雪の降る日でも、帰省やUターンへの影響は小さい見込みです。近畿以西は、平地は雪でなく雨の日が多くなりそうです。また、奄美・沖縄は曇りや雨の日が多いですが、気温は平年並みか高く経過するでしょう。

【各地域の天候のポイント】
◇北海道~九州の日本海側
・雪や雨の降る日が多いが、大雪や猛ふぶきなどの可能性は小さい
・気温は、北海道から北陸は平年並み。近畿から九州は平年並みかやや高く、平地では雨の日が多くなりそう

◇北海道~九州の太平洋側
・穏やかに晴れて、過ごしやすい年末年始となる見込み
・気温は、関東以西を中心に平年並みか高いところが多い
・初詣など年末年始のお出かけがしやすい日が多くなりそう

◇奄美・沖縄(南西諸島)
・曇りや雨の日が多く、ぐずついた天気となりそう
・気温は、平年並みか高い見込み

なお12月27日(火)には、最新の10日間予報を元にした、各地の年末年始の詳細な天気に関する情報を発表する予定です。

 

  本情報は2016年12月13日時点の予測資料から作成したものです。最新の気象情報は
   日本気象協会の天気予報専門サイト「tenki.jp」http://www.tenki.jp/ でご確認ください。  

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。