ホーム / 法人のお客様 / サービスから探す / 雨量観測所の最適配置検討

雨量観測所の最適配置検討

地上雨量とレーダ雨量のデータ分析により雨量観測所の適正配置を検討します。

対象地域における過去の大雨事例を対象とし、地上雨量(お客様所有の雨量計データおよび気象庁アメダス)とレーダ雨量の相関解析を行い、地上雨量観測所の代表範囲を決定します。各観測所の代表範囲を重ね合わせることで、雨量計の空白域を調査します。

各雨量観測所の代表範囲と空白域を調べることで、現在設置している雨量計が適切に配置されているかを検討します。空白域がある場合は、雨量観測所の増設の必要があるものと見なし、適切な設置個所を検討します。また、重複域では雨量観測所の削減を検討します。

特徴

当協会では過去からのアメダス雨量およびレーダ雨量のデータベースを保有しているため、短期間で検討を実施することが可能です。雨量計を適切に配置することにより、対象地域に降る大雨を適切に監視することができ、より有効な防災対策(洪水・土砂災害に対する避難判断、ダム管理等)を行うことが可能となります。

相関解析イメージ図.png 空白域検討イメージ図.png

相関解析イメージ図

空白域検討イメージ図

用途

  • 大雨監視、ダム管理、洪水・土砂災害に対する警戒態勢・避難判断への活用
  • 地上雨量計の有効活用

用語説明

レーダ雨量:気象庁が全国に設置している気象レーダで観測された雨量とアメダス等の地上雨量計を組み合わせて、降水量分布を1km格子1時間雨量として解析したもので、30分毎に作成されます。レーダ雨量を利用すると、雨量計の観測網にかからないような局所的な強雨も把握することができます。気象庁の注意報・警報や記録的短時間大雨情報の基準としても利用されています。

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。