ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2018年 / 日本気象協会が推進、「熱中症ゼロへ」 プロジェクト2018年度活動スタート! 訪日外国人向けの折り紙仕掛け付き新リーフレットを作成、配布 熱中症予防体験として、庭園にて日本の伝統的な和傘の無料貸し出しも

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

採用情報
気象キャスター募集
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2018.05.08

日本気象協会が推進、「熱中症ゼロへ」 プロジェクト2018年度活動スタート! 訪日外国人向けの折り紙仕掛け付き新リーフレットを作成、配布 熱中症予防体験として、庭園にて日本の伝統的な和傘の無料貸し出しも

  一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)が2013年から推進している「熱中症ゼロへ」プロジェクト(以下、本プロジェクト)は、近年、増加傾向にある「訪日外国人」を対象とした熱中症予防啓発を注力テーマに、2018年5月8日(火)より本年度の活動を本格スタートします。

  2017年度の訪日外国人旅行者数が過去最高を更新する中、この先3カ月は平年より暑く、夏の訪れが早い可能性があります(※別紙参考の注1)。一方で、本プロジェクトが在留外国人200名を対象に行った「日本の暑さ」に関する調査(2016年)では、全体の79%が日本の夏について「過ごしにくい」と答え、75.5%から「日本で熱中症を経験したことがある」との回答がありました(※別紙参考の注2)。

  これまで、熱中症の正しい知識と対策を多くの方々に知ってもらう活動を進めてきた本プロジェクトは、本年度、訪日外国人を対象とした熱中症予防啓発を強化する取り組みとして、英語版の折り紙仕掛け付き熱中症予防啓発リーフレットを新たに作成しました。

     
折り紙リーフ表.jpg   折り紙リーフ裏.jpg
   新たに作成した訪日外国人向けの熱中症予防啓発リーフレット(左:表面、右:裏面)



  新リーフレットには、熱中症の応急処置法「涼しい場所に移動する」「体を冷やして体温を下げる」「水分と塩分を補給する」や、緊急時における119番通報の方法などを英語で記載。熱中症の症状や予防対策を紹介する「熱中症ゼロへ」webサイト〔*〕のURLと、QRコードを印刷しました。また、リーフレットの一部を切り取って、折り紙を楽しめる仕掛けを付け、裏面に兜(かぶと)の折り方を紹介。日本文化に親しみながら、熱中症やその対応策について知ることができる内容となっています。

*「熱中症ゼロへ」Webサイト 英語ページ https://www.netsuzero.jp/en/

 
熱ゼロ_かぶと.jpg
折り紙部分で作った兜(かぶと)


  新リーフレットは協力自治体などと連携し、宮城県仙台市、東京都台東区・新宿区・大田区、京都府京都市、奈良県奈良市、兵庫県神戸市、沖縄県那覇市の観光案内所で6月から、東京都内の庭園3カ所で7月から順次配布する予定です。

【リーフレットの仕様】
・A4判二つ折り、両面カラー
・縦21cm × 横14.8cm[折りたたみ時](折り紙部分:14.8cm×14.8cm)

【リーフレットの配布予定場所】(2018年5月8日時点)
 観光案内施設
・仙台市観光情報センター(宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅2Fびゅうプラザ内)
・仙台ツーリストインフォメーションデスク(宮城県仙台市青葉区一番町3-2-17 藤崎本館 1階)
・秋保温泉郷観光案内所(宮城県仙台市太白区秋保町湯元字寺田原40-7 秋保・里センター内)
・浅草文化観光センター(東京都台東区雷門二丁目18番9号)
・新宿観光案内所(東京都新宿区新宿三丁目37番2号)
・大田区観光情報センター(東京都大田区蒲田4-50-11 ウィングキッチン京急蒲田中2階)
・京都総合観光案内所(京都府京都市下京区 烏丸通塩小路下る 京都駅ビル)
・奈良市総合観光案内所(奈良県奈良市三条本町1082)
・近鉄奈良駅総合観光案内所(奈良県奈良市東向中町28 近鉄奈良駅ビル1F)
・奈良市観光センター(奈良県奈良市上三条町23-4)
・神戸市総合インフォメーションセンター(兵庫県神戸市中央区雲井通8丁目JR三ノ宮駅東口南側)
・新神戸駅観光案内所(兵庫県神戸市中央区加納町1-3-1 JR新神戸駅構内、改札前)
・北野観光案内所(兵庫県神戸市中央区北野町3-10-20)
・那覇市観光案内所(沖縄県那覇市牧志3-2-10 てんぶす那覇1階)

 庭園
・ホテル椿山荘東京 庭園(東京都文京区関口2-10-8)
・文京区立 肥後細川庭園(東京都文京区目白台1-1-22)
・豊島区立 目白庭園(東京都豊島区目白3-20-18)

  上記のうち東京都内の庭園3カ所では、7、8月に和傘の無料貸し出しも行います。熱中症予防につながる日本ならではの暑さ対策方法として、和傘で直射日光を防ぐ体験をしてもらう取り組みです。

 
和傘モデル.jpg
ホテル椿山荘東京 庭園などでは和傘を貸し出し(※浴衣の貸し出しは行いません)


  本プロジェクトでは、このほかにも、さまざまな人々に熱中症の正しい知識と対策を知ってもらう活動を推進していきます。このほかの本年度の主な活動は次の通りです。

【2018年度の主な活動】
・「熱中症セルフチェックonサイネージ」による熱中症危険度の算出
・観測を通じたデータに基づく熱中症予防の呼びかけ
  (豊島区と連携した公園での観測・実証実験/スポーツ競技場における熱中症危険度の測定)
・環境省が主催する「熱中症予防強化月間」のイベント運営

■「熱中症ゼロへ」プロジェクトとは
  熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、一般財団法人日本気象協会が推進するプロジェクトです。2013年夏のプロジェクト発足以来、熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核に、熱中症に関する正しい知識と対策をより多くの方に知ってもらう活動を展開してきました。活動6年目となる2018年は、さらに充実した啓発活動を実践していきます。



[別紙参考]

【注1】2018年 夏の気象と暑さの傾向
  4月25日に発表された3カ月予報によると、5月は全国的に平年より気温の高い日が多い見込みです。6月は、北日本と沖縄・奄美で平年並みか高く、東日本・西日本は平年並みと予想されています。南から湿った空気が流れ込むため、ジメジメと蒸し暑く感じられる日が多くなりそうです。7月は、前半は平年に比べ曇りや雨の日が少なく、後半は平年より晴れる日が多い見込みです。気温は全国的に平年より高めで、特に東日本・西日本・沖縄・奄美では真夏の暑さが前倒しでやってくるでしょう。この先3カ月は平年より暑く、夏の訪れが早くなりそうです。熱中症になる危険性も高くなりますので、自分の体力を過信せず対策が必要です。

【注2】外国人出身者に聞いた「日本の暑さ」に関する調査(2016年実施)より
  「熱中症ゼロへ」プロジェクトが2016年、日本の夏を経験したことのある在留外国人200名を対象に行った「日本の暑さに関する」調査では、「母国よりも過ごしにくい」または「母国と同じくらい過ごしにくい」と回答した人が全体の79 %に上りました。

熱ゼロ_グラフ01-2.png


  また、「日本で熱中症の症状を経験したことがあるか」という質問をしたところ、「熱中症を経験したことがある」という回答が、全体の75.5%を占める結果となりました。

熱ゼロ_グラフ02.png

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。