JWA News2018年桜開花予想(第1回)~開花のト・・・

2018年桜開花予想(第1回)~開花のトップは宮崎・熊本・高知! 全国的に平年並みの開花~
Press Release

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、日本全国51地点の桜(ソメイヨシノの標本木48地点と日本三大桜3地点)の開花予想(第1回)を、2018年2月7日(水)に発表します。

          ◆開花が最も早いのは宮崎と熊本、高知で3月21日! 東京は3月24日に開花見込み
◆桜前線が津軽海峡を渡るのは4月末の予想
◆3月以降の気温は西・東日本で平年並み、北日本で平年並みか高い見込み

■2018年桜開花予想前線図

2018年桜開花予想前線図

■開花の傾向

2018年の桜の開花は、九州で平年並みかやや早く、その他全国的に平年並みでしょう。開花が最も早いと予想されるのは宮崎と熊本、高知でいずれも3月21日、次いで長崎と鹿児島は22日、東京や福岡は24日の予想です。3月末までに九州から関東南部にかけて次々と開花し、4月上旬には山陰から北陸、関東北部でも続々と開花の便りが届く見込みです。桜前線は4月中旬以降に東北を北上し、津軽海峡を渡るのは4月末でしょう。
この冬は、全国的に気温が低く経過し、特に1月下旬には数年に一度の非常に強い寒気が流れ込み、西・東日本を中心に記録的な低温となりました。このため、桜の花芽は休眠打破(※)が順調に進んでいると考えられます。この先の気温は、2月中旬まで西日本を中心に平年より低い見込みですが、2月下旬から4月にかけて平年並みとなるため、桜の開花も全国的に平年並みでしょう。
※休眠打破:前年の夏に形成され休眠に入った花芽が、冬になり一定期間の低温にさらされて目覚めること

■日本気象協会 長期予報(気温)

気温 2月下旬 3月4月
北日本平年並平年並か高い平年並か高い
東日本平年並平年並平年並
西日本平年並平年並平年並
~桜開花予想チームのコメント~
西日本、東日本と東北南部では、2月上旬まで平年より気温が低く経過しましたが、2月下旬以降は平年並みとなる予想です。東北南部を除く北日本は、2月上旬まで気温は平年並みか高く、引き続き4月にかけても平年並みか高い見込みです。

■2018年 桜の予想開花日(主な地点)

地点予想
開花日
予想
開花
傾向
平年
開花日
昨年
(2017年)
開花日
福岡県福岡市3月24日平年並3月23日3月25日
香川県高松市3月28日平年並3月28日4月2日
広島県広島市3月27日平年並3月27日3月27日
大阪府大阪市3月28日平年並3月28日3月30日
愛知県名古屋市3月26日平年並3月26日3月28日
東京都千代田区3月24日平年並3月26日3月21日
長野県長野市4月12日平年並4月13日4月14日
富山県富山市4月6日平年並4月5日4月5日
新潟県新潟市4月9日平年並4月9日4月8日
宮城県仙台市4月11日平年並4月11日4月7日
北海道札幌市5月3日平年並5月3日4月28日

全51地点の桜(ソメイヨシノの標本木48地点と日本三大桜3地点)の予想開花日は、日本気象協会が運営する天気予報専門メディア『tenki.jp(てんきじぇーぴー)』桜の開花予想ページ(https://tenki.jp/sakura/expectation/)にて公開しています。

【言葉の説明】
平年:1981~2010年の平均値

かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い    :平年よりも3日から6日早い
平年並   :平年との差が2日以内
遅い    :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い

■東京都(千代田区)のソメイヨシノ標本木の様子(2018年2月6日撮影)

東京都(千代田区)のソメイヨシノ標本木の様子

参考情報

●2018年 桜開花予想に関するよくあるご質問

Q1:桜開花予想の発表のスケジュールは?
A1:第1回は2月7日(水)、第2回は2月21日(水)、第3回以降は3月から4月下旬まで毎週水曜日に発表を予定しています。 2月中は開花日のみを発表し、3月以降は開花日と満開日を発表します。

Q2:開花日・満開日の基準は?
A2:気象庁の観測基準と同じです。開花日は標本木で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日、満開日は標本木で80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日です。

Q3:予想する地点数は?
A3:2月中は51地点、3月以降は全国で92地点の予想を発表します。予想地点92地点は、各地気象台が観測する標本木53地点と自治体・公園などの協力機関から観測データを得られる36地点、および日本三大桜の3地点となります。

Q4:日本気象協会の桜開花予想の手法・特徴は?
A4:花芽の生育過程に大きな影響を与える「秋以降の気温経過」に重点を置いた、独自の予測式を用いて開花予想を行っています。各地気象台の標本木や公園などの協力機関による正確な観測データを重視した、気象学的根拠に基づいた予想を出しているのが特徴です。

2017年の桜開花/満開予想の平均誤差は、開花予想が2.1日、満開予想が2.1日でした。関東から西のエリアで、3月の気温が平年を下回り、九州の南部ではかなり低いところもありました。そのため、桜前線は平年より遅いペースで進み、九州、四国地方での開花が遅れたところが多く誤差が生じました。

Q5:開花予想に使うデータは?
A5:以下データを使用しています。

①前年秋から予想作業日前までの気温観測値
②予想作業日から開花時期までの気温予測値(日本気象協会ポイント予報および長期予報)

桜の開花時期には、前年の秋から春にかけての気温が大きく影響します。桜の花芽(はなめ)は前年の夏に形成され、その後、休眠に入ります。冬になって一定期間の低温にさらされると、花芽は休眠から覚めます(休眠打破)。休眠から覚めた後は、気温の上昇とともに生長し開花しますが、気温が高いほど花芽の生長が早く進み、開花が早まると考えられています。

Q6:日本三大桜とは?
A6:福島県三春町の「三春滝桜」(ベニシダレザクラ)、山梨県北杜市の「山高神代桜」(エドヒガンザクラ)、岐阜県本巣市の「根尾谷 淡墨桜」(エドヒガンザクラ)を指します。いずれの桜も、大正11年(1922年)に国の天然記念物に指定されています。樹齢が1000年以上で、幹回りが9メートル以上あります。

日本三大桜の開花予想作成にあたり、地元自治体やお寺の住職の方々のご同意を得て、過去の長年にわたる開花日や満開日の観測データを使わせていただき、それぞれの桜の開花日や満開日に関する独自の予測式を作成しました。開花時期には日本気象協会の気象予測を用い、地元自治体やお寺の住職の方々のご協力も得ながら、精度の良い開花予測を提供します。

関連ニュースRelated News