JWA News2018年桜開花予想(第6回) ~今週は・・・

2018年桜開花予想(第6回) ~今週は九州から関東で桜の見ごろに!~
Press Release

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)は、日本全国92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、および日本三大桜3地点)の開花予想日(第6回)を2018年3月28日(水)に発表します。

見出し

2018年桜開花予想前線図

前線図

■開花と満開の傾向

開花の便りは3月15日の高知を皮切りに、九州~関東、長野県の一部、東北南部の各地から届いています。平年に比べ、1週間ほど早く開花したところが多く、特に銚子では平年より11日、東京や富山などで平年より9日早くなりました。これは、この冬の寒さで休眠打破(※1)が順調に進んだ上、3月に入ってから気温が平年より高い日が多くなっているため、つぼみが急生長したことが影響しています。
桜前線は、4月上旬から中旬にかけて東北北部まで北上するでしょう。4月下旬には桜前線が津軽海峡を越え、北海道の函館や札幌でも開花する見込みです。5月15日頃に北海道東部に到着するでしょう。
今週は、西日本から東日本で初夏を思わせる暖かい日が続いており、4月上旬にかけて気温が平年よりかなり高くなる予想です。その後も全国的に4月中旬にかけて気温が平年より高い見込みで、桜前線はスピードを早めて北上するでしょう。
満開日は、平年では開花からおよそ1週間前後となりますが、今年は開花前後の高温により開花から満開までの日数が平年より短くなっているところが多くなっています。九州、四国のほとんどの観測地点で平年より1週間ほど早く満開となりました。これから満開を迎えるところでも平年よりも短い日数で満開となる予想です。中国、近畿、東海、関東の平野部では今週中に満開となり、平年より3日から10日ほど早い見込みです。北陸、長野県、東北南部は4月上旬、東北北部では4月中旬から下旬に、北海道でも5月上旬から中旬に満開になるでしょう。

 

■日本気象協会 長期予報(気温)

長期予報

※1 休眠打破:前年の夏に形成され休眠に入った花芽が、冬になり一定期間の低温にさらされて目覚めること
※2 ――:桜の開花・満開に影響しない期間

2018年 桜の予想開花日・満開日(主な地点)

表

※予想開花日、予想満開日の( )はすでに開花や満開になった地点です。

全92地点の桜(標本木[ソメイヨシノほか]53地点、自治体・公園など36地点、日本三大桜3地点)の予想開花日・予想満開日は、日本気象協会が運営する天気予報専門メディア『tenki.jp(てんきじぇーぴー)』桜の開花予想ページ(https://tenki.jp/sakura/expectation/)にて公開しています。

■各地の気象予報士コメント

予報士

北海道も今後一週間は4月中旬から下旬並みの暖かさの日が続きます。まだまだつぼみは小さいですが、この暖かさにより、花芽の生長は例年に比べ順調に進みそうです。北海道の桜の開花は、前回予想より2日前後早まり、平年に比べても4日前後早まるでしょう。

 

  日本気象協会では日本全国89地点の桜(ソメイヨシノほか)の開花予想以外にも、「日本三大桜」と呼ばれている福島県の「三春滝桜」(みはるたきざくら:ベニシダレザクラ)、山梨県の「山高神代桜」(やまたかじんだいさくら:エドヒガンザクラ)、岐阜県の「根尾谷淡墨桜」(ねおだにうすずみざくら:エドヒガンザクラ)の開花予想を「tenki.jp」にて公開しています。

【言葉の説明】
平年:1981~2010年の平均値
開花日:標本木で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日(気象庁の観測基準と同じ)
満開日:標本木で80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日(気象庁の観測基準と同じ)

2018年桜開花予想[よくあるご質問]

PDFダウンロード:【日本気象協会発表】2018年桜開花予想第6回_

関連ニュースRelated News