JWA News年末年始は冬型の気圧配置が続き、北日本は・・・

年末年始は冬型の気圧配置が続き、北日本は局地的に大雪の恐れ
Press Release

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、理事長:長田 太、以下「日本気象協会」)は、2019年から2020年の年末年始(2019年12月29日(日)頃から2020年1月3日(金)頃)の天気傾向に関する情報を発表します。

 

◇年末年始(12月29日頃~1月3日頃)の天気傾向
●強い寒気の影響で、日本海側は北日本中心に局地的に大雪の恐れ。
●太平洋側は晴れる日が多いが、風が冷たい。
●奄美・沖縄はくもりや雨の日が多く、気温は高め。

2019-2020 年末年始の天気傾向

年末年始(12月29日頃~1月3日頃)の日本付近は、西高東低の冬型の気圧配置となる日が多く、寒気の影響が強いでしょう。日本海側は北日本を中心に雪や雨の日が多く、局地的に大雪や猛吹雪になる恐れがあります。空の便の欠航や遅延など、交通機関が大きく乱れる可能性も考えられます。また、帰省やUターンの際に車を運転する場合は、タイヤチェーンを携行し交通情報で雪による影響を確認してください。近畿北部から九州北部はぐずついた天気で、雪の降る日もあるでしょう。北海道から九州の太平洋側は、平年と同様に晴れる日が多くなりそうです。空気の乾燥が続きますので、火災や風邪、インフルエンザなどに注意してください。風が冷たく、初詣や新年の挨拶まわりは万全な防寒対策が必要です。沖縄と奄美はくもりや雨の日が多いものの、暖かい空気に覆われるでしょう。

 

【各地域の天候のポイント】
◇北海道~九州の日本海側
・冬型の気圧配置の日が多く、度々強い寒気が流れ込む。
・北日本や北陸を中心に雪や雨が降り、局地的に大雪や猛吹雪の恐れも。交通機関に影響。
・近畿北部から九州北部はぐずつく。
・気温は北日本で平年並みか低く、震えるような寒さ。北陸から九州北部はほぼ平年並み。

◇北海道~九州の太平洋側
・平年と同様に晴れる日が多い。
・空気の乾燥が続くため、火の元や風邪、インフルエンザなどに注意。
・気温は北日本で平年並みか低く、関東から西でほぼ平年並み。
・関東から九州も冷たい風が強く吹く日があるため、お出かけの際は万全な寒さ対策を。

◇奄美・沖縄(南西諸島)
・湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多い。
・暖かな空気に覆われやすいため、気温は平年並みか高い。

 

本情報は2019年12月12日時点の予測資料から作成したものです。最新の気象情報は
日本気象協会の天気予報専門メディア「tenki.jp」https://tenki.jp/ でご確認ください。

関連ニュースRelated News