SERVICE洋上風力設計のための海象調査解析

洋上風力設計のための海象調査解析
Services

NK認証取得に必要な気象海象データや統計解析値を提供します。

「海象調査解析」は、日本気象協会の高度なシミュレーション・解析技術によって、洋上風力発電施設の設計に必要な気象海象データや統計解析値を提供し、NK認証(ClassNKによるウィンドファーム認証)の取得を支援するサービスです。
洋上風力発電は、陸上風力発電と比較して景観・騒音などの影響が小さく、大型風車の導入が比較的容易であるなどのメリットがあります。一方で、陸上に比べて洋上では強風・高波をはじめとした厳しい環境下での運用を求められるため、破損・故障しないような強固な風力発電施設の建設が求められます。
そこで、日本気象協会は洋上風力発電の計画海域での風、波浪、海潮流などを推定し、気象海象データとして提供します。提供する気象海象データや統計解析値は、事業費の積算、再エネ海域利用法での公募占用計画策定、NK認証など、洋上風力発電施設の設計に必要な基礎資料としてお役立ていただけます。

図1
再エネ海域利用法適用の流れ
図2
NK認証(ウィンドファーム認証)取得の流れ

サービス内容

日本気象協会独自のデータベースや数値シミュレーションなどを用いて統計解析を実施し、洋上風力発電施設の設計に必要な各種基礎資料を提供します。

●風・波浪データベース
独自の数値モデルで計算した風・波浪の格子点値のデータベース(波浪推算データベース)を整備しており、データベースから抽出した任意地点・任意期間の風・波浪データを解析に用いることができます。この波浪データは、基本情報である「沖波」の位置付けとなります。

風・波浪データベースの格子点図
風・波浪データベースの格子点図

●波浪シミュレーション
風力発電設備の設置位置では、海底地形の影響を受け、沖波が複雑に変化します。この沖波が風車計画海域に向けて進入し、波の性質が変化していく過程を波浪シミュレーションによって推定します。この解析により、風車設置位置での波の高さや周期などの定量的情報、海域内の波高分布を把握することができます。

数値モデルによる波高分布
数値モデルによる波高分布

●各種統計解析
波浪推算データベースや波浪シミュレーションによる風、波浪、海潮流などのデータをもとに各種統計解析を行います。風力発電施設の設計基準に沿った解析など、お客さまのご要望に応じた数値情報・統計量として資料を整理します。

確率波高算定図
確率波高算定図
出現頻度統計解析
出現頻度統計解析
支持構造物に与える衝撃砕波力
支持構造物に与える衝撃砕波力

特徴

洋上風力発電施設の設計に必要な風・波浪・海潮流などの気象海象データ、統計解析値を提供
気象海象に関するシミュレーション・解析技術の知見を活用
各種統計解析や設計基準に沿った解析など、お客さまのニーズに応じた統計解析を実施

用途

洋上風力発電施設の設計検討
・工事計画届に必要なNK認証取得のための基礎資料

関連ニュース

・低動揺型スパーブイを用いた洋上風況観測システム「BuoyLidar」の実証実験を終了 ~山形県酒田沖の厳しい海洋環境で、安定した長期観測を確認~
(2020/9/15 日本気象協会ニュースリリース)https://www.jwa.or.jp/news/2020/09/11056/

・世界初!低動揺ブイを用いた洋上風況観測システム「BuoyLidar(ブイライダー)」を開発 従来比10分の1程度のコスト軽減へ、山形県庄内沖にて実証実験を開始
(2017/7/11 日本気象協会ニュースリリース)https://www.jwa.or.jp/news/2017/07/4490/