ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2017年 / 「熱中症ゼロへ」プロジェクト 公式ツールの法人・団体向け販売を開始 ~新たな公式ツールとして「子ども向け/シニア向けの熱中症対策リーフレット」を追加~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

カテゴリを追加

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2017.05.17

「熱中症ゼロへ」プロジェクト 公式ツールの法人・団体向け販売を開始 ~新たな公式ツールとして「子ども向け/シニア向けの熱中症対策リーフレット」を追加~

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己、以下「日本気象協会」)が2013年から推進している「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、熱中症予防啓発のための公式ツールの法人・団体向けの販売を5月17日(水)から開始します。
また、今回の販売に向けた新たな公式ツールとして、子ども向け/シニア向けの熱中症対策リーフレットを追加します。

       
         子ども向けリーフレット_イメージ.jpg            シニア向けリーフレット_イメージ.jpg
          子ども向け「絵本型」熱中症対策リーフレット(イメージ)    シニア向け「新聞風」熱中症対策リーフレット
 (イメージ)   


2013年5月から活動を開始した「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、年代や活動内容の違いなど「個人差による熱中症リスクの違いを踏まえた熱中症予防啓発」をテーマとしています。これまでも熱中症予防啓発のための公式ツールとして、さまざまなニーズに合わせたリーフレットを開発してきました。今回は子ども向けの「絵本型」リーフレットと、シニア向けの「新聞風」リーフレットを新たに開発しました。

「熱中症ゼロへ」プロジェクトの活動に対して、興味関心を寄せていただける団体や企業からは、「リーフレットやうちわなどのツールを熱中症予防の自社講習会で使用したい」「熱中症指数ランクボードを職場に掲示したい」など、公式ツールの活用希望の声を多数いただいています。

「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは団体や企業からの要望の声をふまえ、本日から公式ツールの法人・団体向け販売を開始します。公式ツールの活用により、ひとりでも多くのかたに熱中症予防の大切さを理解いただき、プロジェクトの目的である「熱中症にかかるかたを減らし、亡くなってしまうかたをゼロにすること」を目指します。

「熱中症ゼロへ」公式ツール 法人・団体向け販売 詳細URL http://www.netsuzero-shop.jp


「熱中症ゼロへ」公式ツール 法人・団体向け販売 概要

購入できる公式ツール:
・「熱中症ゼロへ」公式 ポスター 日本語版
・「熱中症ゼロへ」公式 ポスター 英語版
・「熱中症ゼロへ」公式 リーフレット 日本語版
・「熱中症ゼロへ」公式 多言語対応リーフレット 英語版
・「熱中症ゼロへ」公式 多言語対応リーフレット 韓国語版
・「熱中症ゼロへ」公式 多言語対応リーフレット 中国語簡体字版
・「熱中症ゼロへ」公式 多言語対応リーフレット 中国語繁体字版
・「熱中症ゼロへ」公式 シニア向け 新聞風 熱中症対策リーフレット
・「熱中症ゼロへ」公式 子ども向け 絵本型 熱中症対策リーフレット
・「熱中症ゼロへ」公式 子ども向け 熱中症予防啓発シール
・「熱中症ゼロへ」公式 熱中症指数ランクボード(マグネット付き)
・日本気象協会監修 室内環境指標計(壁掛けタイプ)
・日本気象協会監修 室内環境指標計(卓上タイプ)
・日本気象協会監修 おしゃべり熱中症計

販売期間:2017年5月17日(水)14時 ~ 9月29日(金)17時まで

購入方法:「熱中症ゼロへ」公式ウェブサイトの「公式販売ツール」ページ
                http://www.netsuzero-shop.jp から登録・申し込み
               ※ 法人・団体向けの販売です、一般のかたへの販売は行っておりません
               ※ 購入個数については上記ページをご確認ください

発送目安:ご注文より1週間~2週間で発送予定
             (商品により異なりますので、詳しくはサイトの商品ページをご参照ください)

使用条件:営利目的での利用や、加工および内容の一部またはすべてを転用するなどの二次利用は不可

■「熱中症ゼロへ」プロジェクトとは
熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して、日本気象協会が推進するプロジェクトです。熱中症は、正しく対策を行うことで防げます。熱中症の発生に大きな影響を与える気象情報の発信を核に、より積極的に熱中症対策を呼びかけていきます。2013年夏にプロジェクトを発足、5年目となる2017年はこれまでの活動に加え、新たな取り組みも始動します。

■一般財団法人 日本気象協会について
1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサルティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。

1950年に誕生した日本気象協会は、天気予報に代表される気象予測事業に加え、再生可能エネルギー、環境アセスメント、大気解析事業、防災・減災・安全管理に関する事業など、気象に関するコンサル
ティング事業を通じ、公共に資する企業活動を展開しています。


・内容は発表日現在のものです、予告なしに変更されることがあります
・「熱中症ゼロへ」は日本気象協会の登録商標です 

 

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。