ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2012年 / 太陽光発電設備を見守る番犬 『PV-DOG』を開発しました

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2012.06.29

太陽光発電設備を見守る番犬 『PV-DOG』を開発しました

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野克彦)は、2012年6月29日(金)に、住宅用太陽光発電設備の運転状況を簡単に診断できる『PV-DOG』(ピーブイドッグ)を開発しました。

本システムは、日本気象協会が長年にわたるNEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の委託業務等で開発したノウハウを活かして、太陽光発電設備を設置した各家庭の発電実績と、最寄のアメダス地点の気象データ等から推定した期待発電量を比較することで、太陽光発電設備が正常に稼働しているかの簡易診断を可能にするものです。

1.  PV-DOGの概要

現在の太陽光発電設備でも、備え付けのモニター画面によって発電量の実績値を見ることができます。しかしながら、発電量と関係の深い日射量との比較がなされていないために、日射量に見合った発電量(期待発電量)が得られているかは把握できません。

このため、不具合や故障等を簡単に認識できる方法がなく、定期点検の時期まで長期間にわたって放置されてしまう場合があります。

本システムでは、実績発電量と期待発電量を比較することで、きちんと発電ができていたかを確認することができます。また、実績発電量と期待発電量の比率から、発電指数を確認することができます。不具合や故障が発生した場合には、異常を検知したことを画面上でお知らせし、異常の早期発見ができます。

設置業者様にとっては、お客様へのアフターサービスの一環として、また、自治体の太陽光発電担当者様にとっては、自治体に設置した太陽光発電設備の運用状況を適切に監視することができます。

1_5.png

実績発電量と期待発電量の比較

※期待発電量

最寄のアメダス地点から推定した日射量と太陽電池の発電容量等から算出した、月合計の推定発電量です。

2_3.png

発電指数(実績発電量/期待発電量)

※発電指数

各家庭の太陽光発電設備が実際に発電した月合計の発電量と期待発電量の比率を表します。この値が1を上回れば発電能力が高く、1を下回れば発電能力が低いことを表します。

2. PV-DOGの特徴

・備え付けモニターだけでは気づきにくい発電量の低下を早期に発見できます。

・特別な装置を新たに取り付ける必要はなく、インターネット回線があればご利用いただけます。

・パネルの種類やメーカーによらず利用できます。

・期待発電量は、近傍のアメダスデータから日本気象協会が独自のノウハウにより推計します。

・「発電実績」の入力忘れがないよう、メールが届きます。 

ser4.png

※本システムは、日本気象協会から一般の方向けに直接ご提供するものではありません。 

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。