ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2013年 / スマートフォン版「気象協会晴曇雨」 国土交通省XRAIN予測雨量の試験提供をスタート

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2013.03.18

スマートフォン版「気象協会晴曇雨」 国土交通省XRAIN予測雨量の試験提供をスタート

※「気象協会晴曇雨」は2015年3月31日をもってサービスの提供を終了いたしました。 

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野 克彦)が運営するスマートフォンサイト「気象協会晴曇雨」では、国土交通省XバンドMPレーダネットワーク(XRAIN)のデータを受信し、日本気象協会独自で算出した予測雨量データの試験提供を3月18日(月)より開始いたします。
 本サービスでは、250メートルメッシュという詳細な雨量分布を確認することが可能です。近年増加している集中豪雨や局地的豪雨に対する情報源として、ご活用ください。

1.概要
■URL : http://n-tenki.jp/sp/xmp/index.html (スマートフォンからアクセスしてください)
■料金 : 試験提供期間中は無料
■提供情報 : 5分毎、60分先までの予測雨量強度
■エリア : 東京・大阪・愛知・福岡・宮城から選択、または現在地を選択(一部対象外エリアがあります)

2.XRAINの概要
XRAINは国土交通省により整備が進められている最新式レーダ(XバンドMPレーダ)の観測網です。従来のレーダよりも高分解能・高頻度で観測が出来ること、2種類の電波を使った観測で雨量の推定精度が高くなることから、XRAINは局地的な豪雨(ゲリラ豪雨)の早期発見・監視を担う都市型豪雨の監視網として期待されています。
予測雨量データは、日本気象協会独自のレーダ解析・予測技術により、XRAINによる雨雲の移動予測を行っています。
     
3.提供イメージ

1dfs.png

TOPページ

2ss.png

拡大時の表示

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。