ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2014年 / 今週末にかけて、台風第8号が日本列島直撃の恐れ! ~明日8日は沖縄に10年に1度の猛烈な勢力で接近し、特別警報発表の可能性も~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2014.07.07

今週末にかけて、台風第8号が日本列島直撃の恐れ! ~明日8日は沖縄に10年に1度の猛烈な勢力で接近し、特別警報発表の可能性も~

本情報は2014年7月7日時点の予測資料から作成したものです。
最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイトhttp://tenki.jp/ 等で確認下さい。


 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野克彦)は、2014年7月12日(土)頃にかけて日本付近に接近・通過する見込みの台風第8号に関する情報を発表します。台風第8号は猛烈な勢力で8日(火)頃に沖縄地方に近づき、その後9日(水)頃から11日(金)頃にかけて、日本列島に沿うように北東へ進む見込みです。台風の接近・通過に伴い、全国的に激しい雨や暴風、また沿岸部では高波・高潮が発生する恐れがあります。暴風による被害や、大雨による土砂災害や河川の氾濫、家屋の浸水などに十分な警戒が必要です。

 ◇10年に1度の猛烈な台風が日本に接近へ 影響が長引く恐れも
    大型で非常に強い勢力の台風第8号は、7日(月)9時には中心気圧930hPaで沖縄の南海上にあって、ゆっくり北上しています。この台風は今後さらに発達を続け、8日(火)には猛烈な勢力となって沖縄地方へ接近する見込みです。猛烈な勢力の台風が日本に接近するのは、大よそ10年に1度のことです。

予想天気図(T1408).png 台風進路図(T1408).png

       図1 予想天気図(8日9時)               

図2 台風の進路予想図(7日9時現在) 

 このため、沖縄・奄美地方では9日(水)頃にかけて、激しい雨や立っていられないほどの暴風高波・高潮に警戒が必要です。台風の進行速度が遅いため、大荒れの天気は長く続く恐れがあります。なお、沖縄地方に台風が近づく8日(火)9時の中心気圧は910hPaと予想され、沖縄地方には暴風・高波・高潮の特別警報が発表される可能性もあります(参考1)。

 その後、台風は10日(木)頃には九州地方に接近し、12日(土)頃にかけて日本列島に沿うように北東へ進む見込みです。そのため、九州から東北にかけての広い地域で、激しい雨や暴風が予想されます。
 土砂災害や河川の氾濫、家屋の浸水などに対しては、早めの避難を心がけるようにしてください。特に、九州では6日(日)の大雨で地盤が緩んでいるところもあるので、土砂災害に厳重な警戒が必要です。また、暴風雨が予想される時間帯は、屋外は物が飛ばされるなど非常に危険な状態になるため不要不急の外出は控えてください。

 さらに、沿岸部では台風の接近前から高波や高潮が発生する恐れがありますので、海岸付近には絶対に近づかないようにしてください。台風の動きが遅いため、これらの影響は週末にかけて長く続く恐れもあります。

 また、東北・北海道では10日(木)頃から台風の影響で梅雨前線の活動が活発になり、前線の付近では台風が近づく前から局地的な大雨となる可能性もあります。激しい雨が数時間以上続く恐れもありますので、気象状況の変化には十分ご注意ください。

大雨・暴風の警戒期間(T1408).png

図3 大雨・暴風の警戒期間

 台風の予想進路や予想される影響は、今後、図2や図3のものから大きく変わる可能性があります。その場合は、台風の影響の大きさや、影響する地域・時間帯も変わることがありますので、常に最新の気象情報をご確認ください。なお、台風が日本から遠ざかるコースを通る場合でも、日本列島に影響を及ぼす可能性がありますので、ご注意ください。

 (参考1)台風等を要因とする特別警報の指標(気象庁発表資料より)
 「伊勢湾台風」級(中心気圧930hPa以下又は最大風速50m/s以上)の台風や同程度の温帯低気圧が来襲する場合に、特別警報を発表します。ただし、沖縄地方、奄美地方及び小笠原諸島については、中心気圧910hPa以下又は最大風速60m/s以上とします。
 台風については、指標となる中心気圧又は最大風速を保ったまま、中心が接近・通過すると予想される地域(予報円がかかる地域)における、大雨・暴風・高潮・波浪の警報を、特別警報として 発表します。

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。