ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2014年 / 2014年のお盆期間は、厳しい残暑と突然の雷雨に注意!

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2014.07.29

2014年のお盆期間は、厳しい残暑と突然の雷雨に注意!

本情報は2014年7月29日時点の予測資料から作成したものです。
最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイトhttp://tenki.jp/ で確認下さい。

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野克彦)は、2014年のお盆期間(8月9日頃~17日頃)の天気傾向に関する情報を発表します。2014年のお盆期間は、日本付近は太平洋高気圧に覆われるため、全国的に晴れて暑くなる日が多くなる見込みです。厳しい残暑となるため、引き続き熱中症には十分な警戒が必要です。また、上空の寒気の南下に伴って大気の状態が不安定になりやすく、突然の強い雨や雷雨が多くなる恐れがありますので、天気の急変にご注意ください。

2014年お盆の天気傾向.png

 8月中旬は、関東より西の地域を中心に、太平洋高気圧に覆われる見込みです。そのため、お盆期間は関東~沖縄を中心に、晴れる日が多くなるでしょう。一方で、北から寒気が南下するため、北海道や東北では気圧の谷の影響を受けやすく、数日の周期で天気が変わる見込みです。
 気温は、以前の予測に比べて暑くなる地域が全国へ広がり、最新の予測では8月末にかけて全国的に平年並みか高い気温となる見込みとなりました。そのため今年のお盆期間も暑くなる地域が多いと予想され、蒸し暑く感じる日も多く、厳しい暑さが続くでしょう。なお、参考資料にあるように、お盆期間の前後は猛暑日地点数が8月の中でも最も多くなるなど、例年厳しい暑さとなっています。さらに今年は、大気下層(地上~上空1500m付近)の気温が平年に比べ高いため、朝晩もあまり気温が下がらないことが予想されます。関東より西の地域を中心に、熱帯夜(夜間の最低気温が25度以上の日)も多くなるでしょう。日中だけではなく就寝時も熱中症に注意が必要です。こまめな水分補給や冷房機器の適切な使用など、熱中症に十分ご注意ください。
 なお、関東から九州にかけては、上空の寒気や南からの暖かく湿った風の影響を受ける日がある見込みです。そのため、大気の状態が不安定となって突然の強い雨や雷雨となる日が、例年に比べて多くなる恐れがあります。晴れた日でも天気の急変に注意し、急に空が暗くなったり雷の音が聞こえたりしたら、すぐに安全な屋内に避難してください。

<各地域の天候のポイント>
◇北日本(北海道、東北)
・気圧の谷の影響を受けやすく、天気は数日の周期で変わる見込み
・気温は平年並みか高く、東北地方を中心に蒸し暑い日も多くなる見込み

◇東・西日本(関東~九州)
・太平洋高気圧に覆われて、晴れて暑くなる日が続く
・気温は平年並みか高く、朝晩もあまり気温の下がらない日が多くなる見込み
・大気の状態が不安定になり、突然の強い雨や雷雨が多くなる恐れ

◇奄美・沖縄
・太平洋高気圧に覆われて、晴れる日が多い
・気温は平年並みか、平年より高くなる見込み

<健康管理の注意点>
◇熱中症対策
・屋外での活動の際は、“のどが渇いた”と感じなくても水分をこまめに補給するように心がけましょう。運動などをしてたくさん汗をかく場合は、塩分補給も同時にできるスポーツ飲料などがおすすめです。
・屋内でも、日中・就寝時を問わず暑いと感じる場合は決して無理をせず、冷房機器を適切に使用するなどして、室内が暑くなりすぎないようにしましょう。

◇紫外線対策
・屋外へ出かける方は、日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、長袖を羽織るなどの対策をしっかりと取りましょう。
・標高の高いところは紫外線が強くなるため、山でのレジャーでは特に紫外線対策をしっかりとしましょう。

◇低体温症
・天気が急変し、突然の雨となった時は、急な気温の低下や体が濡れることによる体温の低下で、低体温症になることがあります。
・山でのレジャーや、屋外に長時間いる日で、“大気の状態が不安定”との予報がある場合は、雨具や念のための着替えをお持ちください。

猛暑日グラフ.png

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。