ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2014年 / 「tenki.jp」PM2.5分布予測バージョンアップ~都道府県単位の詳細情報公開、さらに詳しく~

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

日本気象協会からのお知らせ

2014.09.02

「tenki.jp」PM2.5分布予測バージョンアップ~都道府県単位の詳細情報公開、さらに詳しく~

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦)が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp」では、2014年9月1日(月)より、PM2.5分布予測情報を都道府県単位に対応させ、より詳しく公開します。加えて、新たに時間の経過に併せたPM2.5の濃度や分布傾向を確認できます。(対象は全国142エリア)

■PM2.5分布予測バージョンアップ内容
【特徴 ①】 都道府県毎の詳細情報を公開! “降水量”“風向風速”の予測も合わせて確認
これまで、日本全体の他、北日本・東日本・西日本・沖縄の4エリアで公開していたPM2.5分布予測が、都道府県単位(全国61エリア、諸島部含)まで拡大できるようになりました。併せて地図上に、降水量・風向風速の予測情報を重ねて確認する機能も追加しました。
※スマートフォンにも対応

バージョンアップ内容.png

【特徴 ②】 地方単位の時系列情報
全国142エリアの地方単位(天気予報の一次細分区単位)では、表形式で時間の経過に併せたPM2.5分布予測の変化傾向を確認できます。

  今回のバージョンアップによりtenki.jpで提供する予測情報をつかっていただくことで、各自がPM2.5の状況を確認しやすくなり、注意を払うことが出来ます。

地方単位の時系列情報イメージ.png

■情報項目・機能

予測対象時間

・当日03時から3時間毎に81時間先まで

(当日03時から明々後日午前9時まで)

面的情報拡大エリア

・全国61エリア(4エリアから大幅アップ)

時系列情報エリア

・全国142地域

PM2.5ランク値

・7段階

色の濃淡で7段階に表示

予測情報の重ね合わせ機能

・風向・風速、降水量

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。