ホームニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ2015年 / 2015年のゴールデンウィークは、前半を中心に安定した晴天に!

ニュースリリース

日本気象協会からの
お知らせ

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ
ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ

ニュースリリース

2015.04.23

2015年のゴールデンウィークは、前半を中心に安定した晴天に!

 一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区 会長:繩野 克彦)は、今週末からゴールデンウィークとその後の週末(4月25日(土)から5月10日(日)頃)の天気に関する情報を発表します。

 今週末からゴールデンウィーク(以下、GW)にかけての天気傾向は以下の通りです。

・今週末からGW前半(5月2日(土))は、雨の降る日が少なく、全国的に安定した晴天が続く
・GW後半(5月3日(日)以降)は、低気圧の通過に伴い、東・西日本は数日の周期で雨の日がある
・気温は平年並みかやや高く、初夏の陽気となって少し暑く感じる日もある
・沖縄は、29日(水)~30日(木)は雨となるが、全体的に晴れる日が多い


2015GWの天気表(マークあり).png

 今週末からGW前半(5月2日(土)まで)は、日本付近は高気圧に覆われる日が多くなる見込みです。そのため、全国的に晴れる日が多くなるでしょう。ただし、29日(水)~30日(木)頃は低気圧が日本付近を通過するため、太平洋側の地域を中心に、曇りの予報でも雨が降るところがありそうです。
 GW後半(5月3日(日)以降)は、低気圧が通過するため、数日の周期で天気が変わる見込みです。低気圧が発達して荒れた天気になる可能性もありますので、Uターンなどでこの時期に移動を予定されている方は、最新の気象情報をご確認ください。
 気温は、全国的に平年並みかやや高く、東北から九州にかけての広い範囲で最高気温が20度を超える日が続きそうです。特に関東より西の地域では、最高気温が25度以上の夏日となるところもあるでしょう。初夏の陽気となり、屋外では少し暑いと感じられる日も多くなりそうです。今年のGWは、連休の前半を中心に、レジャーに適したお出かけ日和が続くでしょう
 一方、沖縄も全体的に晴れる日が多くなる見込みですが、梅雨入りも近いため28日(火)から30日(木)は湿った空気の影響で次第に雲が広がりやすく、雨となるでしょう。気温は平年並みで、最高気温25度前後の日が続く見込みです。

【各地域の天候の一言ポイント】
◇北日本(北海道・東北)
・全般的に高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう
・GW後半(5月3日(日)以降)には、雨の降る日がありそうです
・気温は平年並みですが、朝晩はまだ冷え込む日もある見込みです
・今年は桜の開花・満開が早く、東北地方は見頃を過ぎますが、北海道ではGW中に見頃を迎えるでしょう

◇東・西日本(関東甲信~九州)
・今週末からGW前半(5月2日(土)まで)を中心に、高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう
・27日(月)~29日(水)は雲が広がりやすく、雨の降るところもありそうです
・GW後半(5月3日(日)以降)は、数日の周期で雨の降る日がある見込みです
・気温は平年並みかやや高く、最高気温20度以上の日が続き、25度以上の夏日となるところもあるでしょう

◇南西諸島(奄美・沖縄)
・全般的に高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう
・28日(火)から30日(木)は雲が広がりやすく、雨の降る日もあるでしょう
・気温は平年並みで、最高気温25度前後の日が続くでしょう 


本情報は2015年4月23日時点の予測資料から作成したものです。最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイトtenki.jpを確認下さい。

このニュースに関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。