その「もったいない」を
気象が解決します

商品需要予測

お問い合わせフォーム

気象予報士登録制度のお知らせ

eco×ロジ プロジェクトとは?

「気象×データ」を使って未来を予測して、みんなや地球に良いことを!

「eco×ロジ」は、様々な企業の「造る・運ぶ・売る」活動を通して、「食品ロス」や「地球温暖化」など地球環境の維持に貢献することを目指すプロジェクトです。
日本気象協会は、気象のデータと商品の販売データなどを解析することにより、未来の商品需要量を高精度で予測する「商品予測需要」を行っています。あらかじめ必要な商品の量がわかれば、作りすぎによる食品ロスや製品の廃棄量を減らすことができます。
また、計画性をもって商品を運搬・供給することで、CO2の排出量を削減することができます。

eco×ロジマークについて

「eco×ロジ」マークは、日本気象協会の商品需要予測コンサルティングサービスを導入し、またeco×ロジプロジェクトのコンセプトに賛同する商品または企業に対して、その利用を認めるものです。
「eco×ロジ」マーク認定商品を選ぶことで、私たちの地球環境の維持に気軽に参加しましょう。

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。