ホーム / 特集 / 商品予測事業 / サービス内容ご紹介
「気象×データ」の力で未来を予測。

日本気象協会の「商品需要予測」は、
コストやエネルギーの無駄を削減し、
持続可能な社会を実現します。

サービス内容ご紹介

世界の全産業の3分の1は「何らかの気象によるリスクを抱えている」といわれています。
近年は異常気象の度合いが増えつつありますが、気象予測の精度はこの15年で30%も向上しているのです。
日本気象協会は、高精度の気象予測データと、POSデータ(販売データ)などのビッグデータを、AIなどの最新技術を使い解析することで、未来に必要なモノの量を予測する「商品需要予測」サービスの提供を行っています。

気象予測の技術で、サプライチェーンの効率化を。

本サービスの目標の一つは、メーカー(製)、卸売事業者(配)、小売事業者(販)の各社が連携し、気象を経済に生かすことで、サプライチェーンの効率化を図ることです。
それは、食品ロスの削減や、CO2の削減など、私たちや地球環境にとってのメリットももたらします。日本気象協会は、「気象」を軸にさまざまな企業をつなぐ「ハブ」となり、持続可能な社会の実現を目指していきます。

CPFR(しーぴーえふあーる)とは…?

Collaborative Planning, Forecasting and Replenishmentの略で、メーカー(製)、配送事業者・卸(配)、小売り(販)が相互に協力して、「商品の企画・販売計画」「需要予測」「在庫補充」を協働して行い、欠品防止と在庫削減を両立させることを目指す取り組みのことをいいます。

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。