ホーム / 法人のお客様 / サービスから探す / 津波警戒・浸水範囲予測システム

津波警戒・浸水範囲予測システム

津波浸水時のBCPを支援し、津波リスクを低減します。

予め想定される地震津波を計算し、その結果から構築した津波浸水データベースをもとに、地震発生時に気象庁が発表する地震・津波情報に適合する事例の津波到達推定時刻、高さ、浸水域等を表示するシステムです。気象庁の地震・津波情報をトリガーとしますが、順次更新される気象庁からの地震・津波情報・津波観測情報を取り込んで常に最適な浸水マップを選んで表示します。

津波は、いつ、どの程度の規模で発生し、来襲するか予測できません。また、津波浸水時に副次的に発生する災害(交通網寸断、地下浸水、漂流物衝突など)の想定も非常に困難です。本システムは、津波発生時はもとより、これらの様々な対応の事前検討にもご利用いただけます。

特徴

本システムでは、疑似情報を投入することで、避難訓練や御社のBCP検証としても活用できます。また、津波のレベルに応じた防災体勢、被害想定などのシナリオつくりや図上演習にも有効です。

津波警戒・浸水範囲予測システム.png

用途

  • 津波発生時の初動体勢のトリガー、避難指示支援
  • 津波BCPの検証・図上演習、危機管理意識の学習ツール
  • 弊社職員参集システムとの併用で関係者・ご家族の安否確認、防災訓練にもご利用いただけます。

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。