ホーム / 法人のお客様 / サービスから探す / 疾患への正しい対策や受診行動を啓発する Health Weather(R)

疾患への正しい対策や受診行動を啓発する Health Weather(R)

気象ビッグデータと医療ビッグデータを使い、気象が及ぼす「さまざまな疾患の発症・重症化リスク」に関する情報を提供します。

気象の変化で、疾患が発症・悪化することがあります。
気象データとレセプト(注)データを掛け合わせ、気象と疾患の相関関係を解明し、健康的な日常生活の過ごし方を提案するのが「Health Weather(R)」サービスです。

特徴

疾患の発症や重症化予防および健康維持に関心の高い人や、そのような人たちへサービスを提供する企業や団体に対して、「気象ビッグデータ」と「医療ビッグデータ」を使用した情報を提供するサービスです。

用途

  • 自治体や健康保険組合などの保険者

「Health Weather(R)」の研究結果及び成果を利用し、地域住民のリスクの度合いに応じた的確な対策やメッセージ発信、疾患の重症化を未然に防ぐための根拠資料として活用いただけます。

  • 病院などの医療機関

Health Weather(R)の情報を通院・入院患者の診療支援に活用いただけます。

  • 医療、美容、保険などの商材を取り扱うヘルスケア産業

健康増進等の顧客向けコンテンツ制作時の参考情報として活用いただけます。

  • 気象変化に合わせた健康的な日常生活を目指す皆様

日々の気象の変化を考慮した健康的な日常生活の実現や、疾患の発症や重症化を予防するために活用いただけます。


注)レセプトとは:診療報酬明細書のこと。
保険診療を行った医療機関は、診療報酬(医療費)を患者ごとに集計し、保険者(全国健康保険協会や健康保険組合)へ診療報酬を請求します。その際に作成される明細書を診療報酬明細書といいます。

このサービス・商品に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。