SERVICEアメダス推定日射量

アメダス推定日射量
Services

全国のアメダス日照時間から推定した全天日射量を提供します。

「アメダス推定日射量」は、高精度な全天日射量推定情報です。
太陽光発電システムの事業性評価や運用監視には、全天日射量のデータが不可欠です。そこで、全国約800カ所のアメダスで観測された日照時間から推定した全天日射量を提供します。
気象庁による全天日射量の観測地点は全国約50カ所に限られています。一方、日照時間の観測であれば、全国約800カ所の極めて密なアメダス観測網により、長期間のデータが蓄積されています。日本気象協会では、アメダスで観測された日照時間から全天日射量を推定する独自モデルにより、高精度な全天日射量推定情報(アメダス推定日射量)を提供しています。

全天日射量と日照時間の観測地点(気象庁 2018年5月現在)
全天日射量と日照時間の観測地点(気象庁 2018年5月現在)
日射量観測値とアメダス推定日射量の比較
日射量観測値とアメダス推定日射量の比較

サービス内容

サービス内容

●NEDO日射量データベースに利用されている技術
アメダス推定日射量の技術は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の日射量データベースに用いられています。NEDOのホームページで公開されており、どなたでもご利用可能です。このデータベースは太陽光発電事業者を中心に広く利用されています。
NEDO日射量データベース閲覧システム https://www.nedo.go.jp/library/nissharyou.html

NEDO日射量データベース閲覧システム
NEDO日射量データベース閲覧システム

特徴

・独自技術により、全国約800カ所のアメダスで観測された日照時間から全天日射量を推定
・アメダス地点での全天日射量推定値を10分値(1990年~現在まで)で提供可能

用途

・太陽光発電設備を建設する際の事業採算性評価・リスク評価
・セカンダリー市場(中古の太陽光発電所の売買市場)での太陽光発電所の事業採算性評価・リスク評価
・自家消費型太陽光発電設備へのPPAモデル導入検討
・故障診断を目的とした、太陽光発電設備の運用監視

関連ニュース

・(日射量レポートVol.1)『2019年の日射量』~2019年(令和元年)の日射量の分布は、2018年と比べて「北高南低」の傾向でした~(2020/3/11日本気象協会お知らせ)
https://www.jwa.or.jp/news/2020/03/9493/
・『2018年の日射量(確定版)』発表 ~東北南部から沖縄で、例年と比べ「やや多い」傾向~(2019/1/31日本気象協会ニュースリリース)
https://www.jwa.or.jp/news/2019/01/4202/
・2017年の年間日射量傾向まとめ ~例年と比べ西日本でやや多く、東北地方でやや少ない傾向~(2018/1/31日本気象協会ニュースリリース)
https://www.jwa.or.jp/news/2018/01/4298/
・2016年の年間日射量 前年の年間日射量に比べ、東日本でやや少なく西日本でやや多い「東少西多」の傾向(2017/1/19日本気象協会ニュースリリース)
https://www.jwa.or.jp/news/2017/01/4421/
・2015年 年間日射量 例年に比べ『東多西少』 ~例年に比べると、東北地方で多く、九州南部で少ない傾向~(2016/2/29日本気象協会ニュースリリース)
https://www.jwa.or.jp/news/2016/02/4564/