SERVICE日射量・太陽光発電出力予測 API

日射量・太陽光発電出力予測 API
Services

任意地点の日射量・太陽光発電出力予測情報をAPIで提供します。

「日射量・太陽光発電出力予測API(※1)」は、任意地点の日射量・太陽光発電出力予測情報を容易に取得可能なAPIです。太陽光発電事業者や発電バランシンググループ(※2)、アグリゲーター(※3)などによる高精度な発電販売計画の作成支援をはじめ、幅広い分野で活用いただけます。

日射量・太陽光発電出力予測APIの利用イメージ
日射量・太陽光発電出力予測APIの利用イメージ

サービス内容

●サービスの基本仕様

* SYNFOS-solarによる予測情報をご提供する場合の仕様です。このほか、気温や天気、全天日射量(アメダス推定日射量)の実況情報や、気温や天気の予測情報などのご提供も可能です。
* SYNFOS-solarによる予測情報をご提供する場合の仕様です。このほか、気温や天気、全天日射量(アメダス推定日射量)の実況情報や、気温や天気の予測情報などのご提供も可能です。

●APIの概要

API方式REST API
認証方式APIキーによる認証
リクエストHTTP-GET
レスポンスデータのフォーマットjson形式またはcsv形式

特徴

・任意地点の予測情報提供(郵便番号、緯度経度、施設情報などから地点設定が可能)
・お客さまの利用スケジュールに合わせた予測情報提供
・さまざまな予測・推定情報を提供可能
– 日射量予測に特化した独自気象モデル「SYNFOS-solar」による高精度な予測情報
– 気象庁の全球モデル(GSM)やメソモデル(MSM)を利用した予測情報
– 日射量の推定情報(アメダス推定日射量)
– 太陽光発電出力の算出に必要な気温予測情報

用途

・太陽光発電事業者や発電バランシンググループ、アグリゲーターなどによる高精度な発電販売計画の作成支援
・小売電気事業者による経済的な電力調達計画の作成支援
・卒FIT世帯を対象とした余剰電力の活用推進(蓄電池と組み合わせた自家消費の推進、余剰電力の予測支援など)
・太陽光発電設備や蓄電池、電気自動車(EV)などと組み合わせたEMS、VPP、ZEH等の運用支援
・太陽光発電を利用した自己託送によるRE100の達成支援

関連ニュース

・日射量・太陽光発電出力予測APIを提供開始 ~任意地点の予測情報をAPIで容易に取得可能に~(2020/08/06  日本気象協会ニュースリリース)
https://www.jwa.or.jp/news/2020/08/10704/

 

(※1)API…Application Programming Interfaceの略。外部システムとの連携を容易にするためのプログラムやインターフェース。
(※2)バランシンググループ…幹事となる新電力事業者が複数の新電力事業者をとりまとめ、グループ内でインバランス(計画した需要量と発電量の差)の融通、電源調達を行うことで、小売り電気事業の調達・需給管理業務の効率化を提供する機能。
(※3)アグリゲーター…需要家エネルギーリソースや分散型エネルギーリソースを統合制御する事業者。
(※4)PCS…Power Conditioning Systemの略。太陽光パネルで発電した電力を、家庭などで利用可能な電力に変換する機器。パワーコンディショナーとも呼ばれる。