SERVICE新規企画・サービスの開発

新規企画・サービスの開発
Services

気象情報を世の中のニーズに沿った形で提供するべく、オリジナルの企画・サービスを検討し、ご提案いたします。

■事例紹介
①株式会社フジテレビジョン「めざましテレビ」様×株式会社Spectee様×JWA 『AI天気』

①株式会社フジテレビジョン「めざましテレビ」様×株式会社Spectee様×JWA 『AI天気』

『AI天気』はテレビ番組のコンテンツとして、お天気カメラ映像をAI解析し、「春物のコート着用率」を判定した結果を数値化し新たな情報として発表したものです。日本気象協会が実施した調査の結果から、当日の持ち物や服装を決めるために、起床時のタイミングでテレビの天気予報で情報を得ている人が多いことが分かりました。この結果を受けて、現在の気温や体感を重視した服装や持ち物に関する情報が重要であると考え、日本気象協会、フジテレビ、スペクティの三社でタッグを組み、新しい生活コンテンツの実証実験として取り組みました。

②株式会社フジテレビジョン「めざましどようび」様×JWA 『気圧予報』

②株式会社フジテレビジョン「めざましどようび」様×JWA 『気圧予報』

近年、気圧の変化と体調の関連性が様々なメディアで取り上げられるようになり、「気象病」「天気痛」などといったワードが注目されるようになりました。
『気圧予報』では、その日の「午前」「午後」の気圧の変化をアイコン化して表示。「これから気圧が低下する」「急激な気圧の変化がある」という情報を提供することで、体調不良になる前に視聴者の方々が自分にあった対策を講じることが出来るようサポートいたします。

③株式会社カラー様×JWA 『防災知識補完計画』

③株式会社カラー様×JWA 『防災知識補完計画』
©カラー

株式会社カラー様の協力のもと、『エヴァンゲリオン』仕様の防災パンフレット『防災知識補完計画』を制作しました。『防災知識補完計画』には、災害に対する事前の備えや発災時の対応方法、今すぐ取り組める防災アクションなど、防災に関する役立つ情報をまとめています。
作中で、世界規模の大災害「セカンドインパクト」が描かれ、災害・防災と関係性の深い『エヴァンゲリオン』。『防災知識補完計画』は、『エヴァンゲリオン』の世界観をイメージさせるデザインにより、より多くの方に防災に関心を持っていただき、災害時に一人でも多くの方の命を守ることを目標としています。

■関連ニュース
日本気象協会とスペクティ、映像の「AI解析」による道路管理支援技術を共同開発
~SNSや天気カメラ映像のAI解析を通じ、防災情報のリアルタイム提供を目指す~https://www.jwa.or.jp/news/2019/02/4204/

エヴァンゲリオン仕様の防災パンフレット『防災知識補完計画』を 「トクする!防災(R)」公式ウェブサイトにて公開開始
https://www.jwa.or.jp/news/2020/06/10152/