SERVICE風力発電へのコンサルティングサービス

風力発電へのコンサルティングサービス
Services

利害関係者との協調、風況調査、発電量推定、風車の適正配置、環境影響評価、発電出力予測までをワンストップで支援します。

・利害関係者との協調
洋上風力発電施設の計画時に課題となる漁業との協調メニューについてコンサルティングします。また、環境アセスメントの手続きを通じて地域住民への理解促進を支援します。

・風況調査、発電量推定、風車の適正配置
風況観測ポールやLiDAR(※)設置時の適地選定、さらに設置・観測・データ監視及び保管・データ解析(シミュレーションによる発電量推定、風車の適正配置)をワンストップで支援します。
(※)LiDAR(Light Detection And Ranging):レーザ光を発射して大気中の微粒子からの反射光を受信することで上空の風速をリモートセンシングする気象観測機器。

・環境影響評価
住民説明会の説明等を含め、自主アセス、条例アセス及び法アセス手続きを支援します。

風力発電出力予測
風力発電施設で得られる発電出力を30分単位で予測します。

特徴

・風力発電施設の設置に係る環境アセスメントにおいては国内トップシェアを誇ります。
・環境アセスメントの質を最高レベルで維持しつつ、事業化に係る時間を最大限短縮する方法論をコンサルティングします。
・調査項目毎に専門家を配置し、すべての調査・解析技術において質を担保しています。
・特に問題となりやすい、渡り鳥や猛禽類のバードストライクについては、レーダー調査や自動監視画像システム等の最先端技術で対応します。
・環境アセスメント実施前に、事業地特性に合わせて環境リスクを把握し、環境側面から無償でコンサルティングします。

「風力発電の環境アセスメント事前コンサルティングサービス(無償)」パンフレットのダウンロードは【こちら

用語説明

LiDAR(Light Detection And Ranging):レーザ光を発射して大気中の微粒子からの反射光を受信することで上空の風速をリモートセンシングする気象観測機器。